2020・6月の園芸その1

 昨日は午後雷鳴があり雨が降りそうでしたがなかなか降らず5時過ぎにようやく降り始めましたが短時間で止んでしまいました。それでも恵みの雨になりました。雨とともに気温も急に下がってきました。その後8時ごろに再び雨が降りました。6月に入っても園芸作業はたくさんあります。今日はひまわり苗の植え付けとフジの取り木の紹介です。

〇ひまわりの植え付け 6月1日実施です。

「ひまわりの苗」、品種は「ビンセントmix」です。種を播いたのですがカタツムリに食べられ残ったものです。
6engei2001.JPG

「用地」、あらかじめ堆肥と肥料を撒いて耕して置きます。後ろの苗はジニア・プロフュージョンです。
6engei2002.JPG

「ポット抜き」、根が順調に育って植え付け時です。
6engei2003.JPG

「植穴」、12個穴をあけました。
6engei2004.JPG

「球根植え込み器」、これで植穴をあけました。
6engei2005.JPG

「植え付け」、植穴に植え込みました。潅水して終了です。このひまわりは成長しても1mほどにしかなりません。
6engei2006.JPG

〇フジの取り木 春に1株を2本に分けたのですが背が高いので取り木を試みました。2日に行いました。

「フジ1」、品種は1才フジです。
6engei2008.JPG

「取り木をする枝」、左の枝です。
6engei2009.JPG

「環状剝皮」、皮を環状に剥ぎ取りました。
6engei2010.JPG

「ペットボトル」、半切りにしたペットボトルを付けたところです。水苔は土がこぼれないように入れたものです。
6engei2011.JPG

「土入れ」、挿し木培土を入れました。結束バンドで締め付けておきます。
6engei2013.JPG

「潅水」、上部から水を注ぎます。このまま発根を待ちます。
6engei2014.JPG

「別のフジ」、株分けした一方のフジです。
6engei2015.JPG

「2年目の若い枝」、若い枝の方が発根が良いというので試してみました。従来の普通の取り木の方法です。
6engei2016.JPG

「ミズゴケ巻き」、同じように環状剝皮してミズゴケを巻きサランラップで包んだところです。
6engei2017.JPG

〇接ぎ木、2年前に行ったツバキの接ぎ木の様子です。

「伸びてきた接ぎ穂」、昨年はほとんど伸びなかったのですが今年は茎が伸びてきました。
6engei2018.JPG

「接ぎ木部」、根元の太くこぶのようになっているところが接いだ部分です。
6engei2019.JPG

 これまでに様々な樹木の挿し木は行ってきました。それなりに成功したものも多いです。取り木と接ぎ木はあまりやったことがありません。フジの取り木は初めてのことです。成功すれば秋には切り離しができるかもしれません。失敗しても親木があるので枯れる心配はありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年06月07日 08:22
取り木も接ぎ木も簡単そうで難しいようですね。
白いハナミズキに赤いハナミズキを接ぎ木したものを見ました。
咲いているのはとても綺麗でこんな接ぎ木が有るのかと感心しました。
取り木はスイートスプリングの出始めた頃、気が大きくなって横の枝に
水苔を使って家内がやっているのを見ました。
その木は友人の所に行ったのですがその後どうなったことか?
2020年06月07日 08:52
信徳さん、取り木、接ぎ木、挿し木は栄養繁殖の代表的手法です。実生と違い大量の苗はできませんが確実に親と同じ形質をつなぐことができます。挿し芽だけは様々な樹種で試みてきました。取り木なら比較的太い枝でも出来るので短期間で花を見ることができます。接ぎ木も上手に行う人もいて真似てみるのですがなかなかうまく行きません。形成層を合わせるのがコツだとはわかっているのですが‥。
2020年06月07日 10:13
こんにちは
昨夜の雨は凄かったです
取り木上手くいくといい
ですね
2020年06月07日 10:18
取り木、接ぎ木は水苔でやるものと思っていました、挿し木培土で発根させる方法始めて知りました、ペットボトルの中だと状態が見えていいですね、実生とは又違った楽しみですね。
2020年06月07日 11:29
すちんさん、こんにちは
こちらは幸いと言うか雨風はそれほどひどくありませんでした。トウモロコシが数本傾いた程度で今朝起こしてやりました。
フジの取り木は初挑戦です。園芸に関することは一通りやってみるつもりです。
2020年06月07日 11:33
我が家の方も暗くなってから雷雨がありました。雷はひとつ、近くに落ちたような音がしました。
ウォーキング中、在来のヒマワリや矮性ヒマワリの花に出会うようになりました。
球根埋め込み器、握る部分が縮んで土をしっかり掴むような構造ですか。
取り木の方法、興味深く拝見しました。
2020年06月07日 11:40
bunoさん、取り木や接ぎ木はミズゴケでと言うのは昔のことです。取り木は今回はペットボトルを使ってみました。この方法は発根状態が外から見られるので切り離すときの見定めが楽です。取り木には水の袋を使う方法やなんとバナナの皮を使う方法もあります。バラの挿し木にはジャガイモに挿すと言う方法があります。世の中には奇抜な考えを持つ人もいるものです。
2020年06月07日 11:53
長さん、昨日は各地で大荒れで被害が出た所もありますね。こちらは午後3時ごろから雷鳴がありましたが雨が降らずこのまま終わるのかと思ったら5時ごろから雨が降りました。
ヒマワリは以前4mにもなる大型のものから20㎝ほどのミニヒマワリまで各種栽培したことがあります。最近はもっぱらこのビンセントシリーズを栽培しています。
球根植え込み器はなかなかの優れモノだと思います。便利に使っています。
取り木については様々な方法が紹介されています。ペットボトルを使う方法は初挑戦です。