榛名山の花9月その6(最終回)

 台風が近づいているようですが今はまだ静かです。榛名の花の紹介は6回目です。こんなに長く引っ張るつもりはなかったのですが体調不良でまともなことが出来ずにこんなことになりました。今回で終りにします。

「アケボノソウ」、リンドウ科センブリ属、花冠は深く5裂し裂片に黄緑色の蜜腺溝が2個、濃緑色の斑点だ無数にあります。榛名山でアケボノソウを見たのは初めてです。ただ知っている人は前から知っていたようです。
harunaf19104.JPG

「エゾミソハギ」、ミソハギ科ミソハギ属、別名:ボンバナ、ショウリョウバナ、 お盆に使われる花です。湿地植物です。
harunaf19101.JPG

「ウメバチソウ」、ユキノシタ科 ウメバチソウ属の多年草、花形が梅鉢紋に似ているので この名があります。山では夏の終わりと秋の訪れを知らせる花です。
harunaf19102.JPG

「ヨツバヒヨドリ」、キク科 フジバカマ属、4枚の葉が輪生するのはヨツバヒヨドリの特徴 です。榛名にはヒヨドリバナ、サワヒヨドリ、ヨツバヒヨドリなどフジバカマによく似た花があります。
harunaf19103.JPG

「トモエソウ」、オトギリソウ科オトギリソウ属 の 多年草、花径は5cmほどで黄色で巴形の 花弁をつけます。
harunaf19105.JPG

「フシグロセンノウ」、ナデシコ科センノウ属の多年草。朱赤の蛍光色でよく目立つ花です。この花は遠くに咲いていたので鮮明ではないです。
harunaf19106.JPG

「ヤマトリカブト」、キンポウゲ科、有毒植物ですが花は綺麗です。
harunaf19107.JPG

「キノコ」、ベニタケの仲間?
harunaf19108.JPG

「不明花」、何年も前から見ている花ですが名前が分かりません。
harunaf19109.JPG

 ここからはコース途中で見た景色です。

「スルス岩」、この岩には何度も上がっています。
harunaf19110.JPG

「相馬山」、榛名の第2峰です。この山にも10回以上登りました。
harunaf19111.JPG

「ヤセオネ峠手前の分岐」、榛名湖温泉’ゆうすげ’に向かう道です。
harunaf19112.JPG

「オートキャンプ入り口」
harunaf19113.JPG

「蛇が岳登山口」、28ほどある榛名の山でここだけがまだ登ったことがありません。
harunaf19114.JPG

「ヤマグリ」
harunaf19115.JPG

「榛名湖と掃部岳」、掃部岳は榛名の第1峰です。この山も何度も登りました。
harunaf19116.JPG

「岸辺に打ち上げられた魚」、湖畔を歩いているとたくさんの魚が見えます。
harunaf19117.JPG

「アケボノソウが咲いていた湿地」、この湿地に至る道はありません。立ち入り禁止ではないので腰まである雑草をかき分けて自己責任で入りました。
harunaf19118.JPG

ちなみに今回歩いたコースは松之沢峠下の沼の原駐車場に車を止めて沼の原の観察路を南側から北側を1周して1度駐車場に戻りました。ここまで30分です。ここから舗装道路をヤセオネ峠近くまで歩きオートキャンプ場前→蛇が岳登山口→榛名湖温泉から湖畔に沿って情報センターに立ち寄りアケボノソウのある湿原を探し駐車場に戻りました。全行程3時間40分です。もちろん後半の3時間は1度も腰を下ろして休んだことはありません。体調不良でなんでそんな無理をして歩くのかと妻に叱られました。でも山が好きな人しかわかってもらえませんが山歩きは至福のひと時なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月08日 06:32
大好きな山野草の一つ(アケボノソウ」
これが榛名山で見られるのですね。
写真を見るとウメバチソウと同じで湿地に
近く、水が入り込んでいますね。
これまでに見た裏高尾、鹿沢、覚満淵と全く同じ
です。
知っている人は知っているのでしょうが多くの人に
知られない方が良いですね。
二年草で種から増えるので周りには沢山生えて
いるのでしょう。
2019年09月08日 06:45
信徳さん、ここは長靴でもないと近づけないので運動靴で歩いていた私はそばに寄れたのは2株だけでした。覚満渕よりは多く生息しているようです。エゾミソハギ、ウメバチソウ、アケボノソウはこの湿原で咲いていたものです。
アケボノソウは霧ヶ峰の八島ヶ原湿原でも咲いています。今年も行きたいのですが妻に固く禁じられています。
2019年09月08日 07:19
アケボノソウ ウメバチソウ 綺麗なお花ですよね
本当に山歩きがお好きなのですね
榛名山へ行ったことはありませんが
一緒に巡らさせていただいた気分になりました
快適な山歩きが出来るように 体調を整えって下さいね
2019年09月08日 07:31
おはようございます
アケボノソウ園芸種
ではよく見かけますが
自生してるんですね
フシグロセンノウは
目立ちますね
2019年09月08日 08:06
emiさん、アケボノソウ、ウメバチソウは清楚な花で人気の山野草です。
私の趣味は山登りではなく山歩きです。多少体調が悪くても山を歩いていれば
気分は最高です。次々に目に飛び込んでくる山野草を見ていれば時間の経つのも忘れてしまいます。山を歩いていると時々花の名前を聞かれることがあります。花談義も楽しいです。体調も大分戻ってきたような気がいたします。
2019年09月08日 08:13
すーちんさん、おはようございます
アケボノソウは可愛らしい花で人気の山野草です。この花を探してあちこち巡り歩く人もいるそうです。
フシグロセンノウのオレンジの蛍光色はどこに咲いていても目立ちますが今回は近づけない遠くで咲いていたので不鮮明になってしまいました。
2019年09月08日 09:47
榛名山の花、たくさん楽しまして戴きました。3時間40分良く歩き通しましたね、散策しながら歩いているうちは、疲れなど感じない物ですが、歩き終わった達成感の後に、どっと隠れていた不調面が出てくるのではないかと思います。
事後の休養充分摂って下さい。
佐久良 爽
2019年09月08日 10:07
おはようございます。
それにしてもお見事ですね~♪
たくさんの花を見つけられて観賞されたんですね。
私など、こんなにたくさん見つけられませんし、ましてや品種名などとてもとても判りません。
私のブログに掲載する品種名の確認に利用させて頂きますm(__)m
2019年09月08日 10:39
bunkoさん、榛名山の花を楽しんでいただけたでしょうか。今回取り上げていませんがレンゲショウマ、キキョウ、タチフウロ、ヒメシロネ、ノコンギクなどたくさん咲いています。
歩いている時は忘れていたのですが翌日から体調悪化し2日後ついに病院行き今は結果待ちです。妻が怒るのも無理ありませんです。
2019年09月08日 10:54
佐久良爽さん、おはようございます。
花は見つけるのではなく自然に目に飛び込んでくるのです。これでも見ないことにして撮らないことも多いです。またもっと良い花があるのではと思い撮らなかったら2度目が無かったこともあります。今回も100数十枚ほど撮っただけです。
ぜひ品種の同定に利用してください。
2019年09月08日 15:14
アケボノソウに出会いましたか。花弁の先端に緑の斑があって、綺麗な花ですよね。旅行最終日に北八ヶ岳の「八千穂高原自然園」に行ってきたのですが、何株か咲いていました。
2019年09月08日 17:07
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
2019年09月08日 17:36
長さん、榛名山にアケボノソウがあると聞いては会わないわけにはいかなくなりました。どこに咲いているのか雲をつかむような話ですがこの花は湿地植物であることは知っていました。ならば湿地を探さないわけにはいきません。無事に出会えてよかったです。この花はそれほど珍しい花ではありませんが人気の山野草です。
2019年09月08日 17:38
peroさん訪問ありがとうございます。
彩雲
2019年09月08日 21:50
こんばんは、台風接近中ですが無事通過を祈るばかりです。

榛名山に咲く花はたくさんありますね。
花も蝶も写真や画像ではなかなか見分けが難しいです。

タマゴタケは東北地方でたくさん出ているようですが、榛名山にも生えていましたか。
2019年09月09日 06:01
彩雲さん、おはようございます。
こちらは雨と風が強くなったり弱くなったりしています。被害が出ないことを祈るばかりです。
榛名は花の山です。たくさんの花が咲いています。私は蝶については詳しくないのですが珍しい蝶もいるそうで蝶専門に撮っている人も見かけます。
このきのこは傘が開いてしまっていますがタマゴタケですね。思い出しました。いくつも見かけましたが皆傘が開いていました。