テーマ:お出かけ

神流町塩沢地区の百日紅園

 昨日は空気が乾燥して秋の気配でした。気分転換で神流町の百日紅園を尋ねてみました。案内板はありませんのでナビに見当つけた地点にマークを入れて出かけました。間違いなく到着したのですが入り口が分かりません。山道の終点まで行って戻りました。天気は良かったのですが見学所は私一人でした。山の畑で仕事中のご婦人に入り方を尋ねて入りました。 「…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

阿久澤家住宅ほか

 雨の朝を迎えました。台風15号によるものですが風も吹いています。6日に妻のお供でぐんまフラワーパークの傍の「あかぎおろし」に出かけました。今年も東京の孫たちにブドウを送るためです。「あかぎおろし」はブドウや桃の果樹園があり農産物や小物を売るお店です。 「あかぎおろし」 「ブドウ棚の休憩所」、収穫体験もできます。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

谷川岳天神平

 17日、宝川温泉を後にして谷川岳ロープウェイの駅に向かいました。ロープウェイとリフトを利用して天神平まで孫たちを連れて行きました。そこで見た景色と山野草の紹介です。 「谷川岳ロープウェイ」、土合口駅から10分で天神平駅に着きます。 「ぐんまちゃん」、リフトに乗ったぐんまちゃんが下りてきました。 「谷川岳」、天…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

宝川温泉

 16日孫たちと、赤城高原SA、水紀行館を経由して宝川温泉汪泉閣に1泊しました。大きな露天風呂が4つあることで有名な温泉です。外国人の宿泊者も多いです。翌朝孫たちが寝ている間に朝5時に宿を出て森林浴コースを歩いて裏山の展望台まで行ってきました。宿から展望台までのコースタイムは30分ですが20分で登りました。 「宿の玄関」、5時10…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

牛伏山

 牛伏ドリームセンターでウチョウランと山野草展を見学して外に出ると雨は降っていませんでした。そこで近くの牛伏山へ行ってみることにしました。この山は低いながら展望の良い山でハイキングコースがあります。でもこの日は登山靴を用意していませんので車で山頂に行くことにしました。  「アジサイの道」、車道の脇にはアジサイが続きます。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ウチョウランと山野草展

 今日も梅雨空です。榛名山や赤城山では200㎜前後の大雨が降り被害が出ましたが当地は弱い雨が降っただけです。昨日、吉井町の牛伏ドリームセンターで開かれていた鏑セッコク会(高橋孝会長)主催の展示会を見てきました。その様子の紹介です。直前まで雨が降っていたので会場が暗いのですがストロボを使うわけにもいかず暗い画面になってしまいました。斑入り…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

荒船風穴

 昨夜の雷雨は期待したのですがごくわずかで地面を濡らすこともありませんでした。18日、世界文化遺産、国指定史跡の荒船風穴を訪れてみました。ここは富岡製糸場、田島弥平旧宅、高山社跡、荒船風穴と共に「富岡製糸場と絹産業遺産群」として2014年6月に世界文化遺産になりました。  「駐車場」、メインルートは神津牧場経由ですが今回は市野萱経…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

下仁田あじさい園

 昨日、下仁田あじさい園を訪れました。下仁田町馬山にあり面積は30,000㎡、アジサイは2万株です。段丘の北斜面に植栽されていますがさらに増えています。主にガクアジサイとその改良種の園芸アジサイですが名称は付けてありません。  「アジサイ園の一部」  「薄水色のテマリ咲き」  「ブルーの額ブチ咲き」 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

続・北鎌倉散歩

 快晴の朝です。待望の雨でしたが昨日の風ですっかり乾いてしまいました。円覚寺を散策した後は近くにある古民家ミュージアムと東慶寺に向かいました。あまり長くなったので概略の紹介です。  「展示品1」、古民家ミュージアムのこの時期はヤマアジサイの展示があります。  「展示品2」、着物  「展示品3」、大甕が二つ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

北鎌倉散歩

 昨夜待望の雨が降りました。5月に入り2回目の雨でしたが降る時間が短く雨量も少なかったです。昨日はぐんまフラワーパークへさつき展を見に行ってきましたが後日報告の予定です。大船フラワーパークを見た後は北鎌倉へ向かいました。円覚寺、古民家ミュージアム、東慶寺、鶴岡八幡宮を歩いて観ました。今日は円覚寺の様子です。  「円覚寺入り口」、北…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日本の自生ヤマアジサイ展2019その4

 地球が発狂したと思わせる5月としては異常な高温です。昨日の気温は34.8℃でかろうじて猛暑日にはなりませんでした。さて今日は「アジサイ百科」に未掲載の品種のみを紹介して終わりにしようと思います。  「会場」、熱心に鑑賞するお客さん  「涼香」、未掲載、淡青色、八重咲、円弁額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、高知 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本の自生ヤマアジサイ展2019その3

 今日も朝からよく晴れて35℃の予報が出ています。ヤマアジサイは自然に育てると株立ちになります。そのまま育てれば鉢花風の仕立てになります。しかしここに展示してあるものは山草風仕立てと言われるもので茎を1~5本ぐらいに制限して育てています。鉢は基本的には5号山野草鉢です。ヤマアジサイは園芸アジサイとは違い同じ枝に何年か花を付けます。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日本の自生ヤマアジサイ展2019その2

 今年は5月というのに真夏のような気候が続いています。今日も昨日の続きです。「アジサイ百科」が刊行されたのは2010年です。以前著者の川島榮生氏と話したのですが3桁あればヤマアジサイの品種番号は十分だろうと思われたとのことです。ところが今でも毎年新種が出てきます。今日はあえて最近の新種ではなく品種番号のあるものだけを紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本の自生ヤマアジサイ展2019その1

 昨日は日比谷花壇大船フラワーセンターで開催中のヤマアジサイ展を見に出かけました。朝4時半に起床、ブログを更新して水やりをして6時40分に家を飛び出しました。9時10分ごろには会場に着きました。昨年は見に行くことが出来ませんでしたが今回で9回目です。なお品種名の次の5桁の数字は「アジサイ百科」に掲載された数字です。  「会場」、第…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

足利フラワーパークその2

 昨日は山歩きを再開して地元の山をおよそ5時間ほど歩いてきました。その間全く人に遭いませんでした。後日報告の予定です。今日はそのことではなく足利フラワーパークの続きで藤以外の植物の紹介です。  「ハンカチノキ」、ミズキ科ハンカチノキ属、中国の四川省・雲南省付近原産  花についた白い大きな2枚の苞葉が垂れ下がりよく目立つた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

足利フラワーパークその1

 5月2日に足利フラワーパークを訪れました。フジが最盛期でこの時期に訪れるのは初めてのことです。朝7時開門ということで家を5時50分に出て高速道路で向かいました。1時間であと1㎞まで近づいたのですがここで渋滞して車が動かなくなりました。もっと早くに家を出るべきでした。何とか900m離れた6000台止まれると言う大臨時駐車場に車を止めるこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

つつじが岡公園

 昨日の雨は上がりましたが風が吹いています。4月28日孫たちを連れて舘林へ行ってきました。向井千秋記念科学館、鶴生田川の鯉のぼりを見て渡船でつつじが岡公園へ向かいました。『躑躅ヶ岡』の名で国の文化財、名勝に指定されています。今日はつつじが岡公園の紹介です。  「風景1」この公園の面積は11万㎡(葯3万3千坪)、およそ50種1万株の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

赤城南面千本桜

 赤城南面千本桜は昭和31年、荒廃した山林の緑化を目的に地域の人々が一丸となり、3年間にわたって1400本のソメイヨシノを植えたのが始まりです。日本さくらの会選定のさくら名所100選です。現在は日本のサクラや世界のサクラもたくさん植えられています。今日はその1部の紹介です。  「桜と菜の花と芝桜」、3種類の花が1度に見られます。後…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

中正寺のシダレザクラと慰霊の園

 昨日、朝から大変良い天気だったので6時20分家を飛び出して上野村を目指しました。上野村大字楢原にある中正寺のシダレザクラを見るためです。行き帰りに走った国道452号、299号は通称奥多野花街道と呼ばれるように桜や桃の花が綺麗でした。  「シダレザクラ」、樹齢約500年、樹高は25.2mの巨樹です。もう少しで満開です。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

小幡散策2019

 今日は5日に歩いた小幡の町の点描です。2012年から7年間で9回小幡の町を散策しています。  「織田宗家七代の墓」、初代信雄から七代信富までの墓です。  「初代織田信雄の墓」、一番右にあり最も大きく立派です。  「立ち並ぶ墓」、左側は崩れかけていますが昔は堂宇があり火災にあったようです。  「崇福寺…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

楽山園

 楽山園は甘楽町小幡にある群馬に残る唯一の大名庭園で国指定名勝です。江戸時代初期に織田氏によって造られた小幡藩邸の池泉回遊式の借景庭園です。論語の「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」に由来する名前です。2012年3月24日修復公開されました。  「中門」、城の入り口です。城の内側から見たところです。  「織田家8代・松…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

宝積寺(ほうしゃくじ)

 宝積寺の正式名称は曹洞宗鷲翎山寶積寺(そうとうしゅうじゅれいざんほうしゃくじ)です。700年以上前から栄えた寺で東国花の寺百ヶ寺群馬第4番です。これまでも何度も訪れている馴染みの寺です。  「シダレザクラ」、この寺を有名にしている本堂前のベニシダレです。樹齢約140年  「本堂」、天狗山へ向かう南側の山の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

仁叟寺(じんそうじ)

 昨日は大変暖かくなり24℃近くまで上がりました。曹洞宗天祐山公田院仁叟寺が正式な名前です。500年間法灯脈々続く歴史を有する古刹です。1万坪の広い寺域に25の諸堂塔が整備されている群馬では屈指の大伽藍のお寺です。群馬県高崎市吉井町神保1295  「コヒガンザクラ?」、駐車場の桜です。  「惣門」、寛文3年(1663)、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

慈眼寺のシダレザクラ2019

 昨日、慈眼寺のシダレザクラを見てきました。この日、風邪気味で訪問を躊躇したため到着は8時を少し過ぎていました。4名が熱心に写真を撮っていました。1時間ほどいたのですが次第に見物客が増えて10数名になりましたので帰宅することにしました。  「慈眼寺入り口」、高野山真言宗華敷山補陀落院慈眼寺と言います。開創は天平年間(740年頃)と…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

いせさき市民の森公園

 無風快晴の朝です。今朝は氷が張り霜柱が出来て霜も降りました。15日、郵便局へ行ったついでに伊勢崎市民の森公園にカワヅザクラを見てきました。9時45分ごろ到着しました。TVで何回か紹介されたので見物客は多かったです。  「河津桜」、全て河津桜です。丘の南斜面に植えられています。  「満開の桜の上にトビ」  「桜…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

虻田福寿草の里

 昨日は風も無く穏やかな日で園芸作業も進みました。8日に下仁田の虻田福寿草の里へ出かけました。ここは1000本の紅梅と無数の福寿草が咲くところです。フクジュソウはやや遅かったですが紅白梅が見ごろでした。  「福寿草の里」、道路側から見た梅の花です。この梅の木の下にフクジュソウはあります。画面右に大きな「福寿草」の看板が見えます。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

小石川後楽園その2

 季節は変わり目で雨も降るようになり木々や植物の芽が動き始めました。今日は後楽園散歩の後半です。後楽園は何度も訪れていますが最近は2年ぶりでした。  「呉服枝垂れ」、美しいピンクの八重梅  「八重寒紅」、ピンク色の八重の花で早咲きです。  「鹿児島紅」、緋梅性の中輪八重咲き  「冬至」、野梅性の白花で…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

小石川後楽園その1

 古い話になりますが東京ドームの世界らん展を見学したあとは隣にある小石川後楽園を訪れることにしました。世界らん展の熱気を冷ますために静かな後楽園は最適なのです。小石川後楽園は寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が造り二代藩主の光圀の代に完成した回遊式築山泉水庭園で国の特別史跡・特別名勝に指定されています。  「西門」、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桜山散策その2

 昨日、1日中吹き荒れた強風が止みました。快晴の朝です。フクジュソウとロウバイを見た後は山の中を散策します。ツバキも咲いているのですが今回はパスして3年ぶりに俳句の里の紹介です。  「階段」、ここは途中ですがさらに267段とあります。歳のせいかあえぎあえぎ登りました。駄目ですねえ。  「山頂」、文和3年(1354)の建立…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

渋川八幡宮

 2ヶ所目の古墳は虚空蔵塚古墳の予定ですがナビに入れても「該当するデータはありません」と出てしまいます。近くに八幡宮があるのは分かっていたのでここを検索してみましたが出ません。見当をつけて向かいましたが大いに迷いました。やっとのことで渋川八幡宮にたどり着きました。今日は渋川八幡宮の紹介です。  「渋川八幡宮」、建長年間に、渋川義顕…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more