テーマ:歴史

玉村のはにわ展

 今日は曇りの予報ですが早朝は良く晴れています。昨日、玉村町歴史資料館で開かれている玉村のはにわ展を見学して来ました。会期は7月4日から9月29日までです。最終日1日前に訪れたものです。建物の前は何度も通っているのですが訪問は初めてです。撮影の許可を申し出たところ、住所氏名電話番号などを記載したうえで撮影禁止の所を指示されました。 …
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

神流町塩沢地区の百日紅園

 昨日は空気が乾燥して秋の気配でした。気分転換で神流町の百日紅園を尋ねてみました。案内板はありませんのでナビに見当つけた地点にマークを入れて出かけました。間違いなく到着したのですが入り口が分かりません。山道の終点まで行って戻りました。天気は良かったのですが見学所は私一人でした。山の畑で仕事中のご婦人に入り方を尋ねて入りました。 「…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

東国古墳文化展示室

 ここは群馬県立歴史博物館の1室で博物館北側のある観音山古墳の出土品が展示されています。この古墳は全長97m、高さ9.4mの前方後円墳です。最大の特徴は県下最大級の横穴式石室を持つことです。玄室奥行き8.2m、幅3.8m、高さ2.3mです。以前1度だけ内部に入らせてもらったことがあります。昭和42・43年に発掘調査が行われました。未盗掘…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

集まれ!ぐんまのはにわたち2

 一昨日、昨日と体調が悪く外の作業が出来ません。仕方がないので8月12日孫たちを連れて埴輪展を見て来た時の紹介です。既に7月20日に1度紹介しています。群馬は埴輪王国ですから優品が多いです。 「人物埴輪」、世良田諏訪下遺跡、30号古墳、群馬県指定重要文化財、左から琴を弾く男、王冠を被る男、巫女 「人物埴輪」、塚廻り古墳群…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

集まれ!ぐんまのはにわたち

 昨日、群馬県立歴史博物館第99回企画展「集まれ!ぐんまのはにわたち~日本一の埴輪県~」を見学して来ました。撮影禁止の埴輪もあるので全てを紹介できませんが撮影できたものを紹介します。会期は7月13日から9月1日です。 「案内」、上が埴輪展、下は月岡芳年「新形三十六怪撰」です。 「参考資料」、A4判142p、¥840です。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

天幕城址と古墳

 今日も雨の朝です。あかぼり蓮園を見学した後は天幕城址と近くにある2つの古墳を訪れました。昨年は天幕城と十二所古墳でしたが今回はゴンゴン塚古墳と磯沼公園を付け加えてみました。朝の散歩で気持ち良く歩けました。古城塁趾と古墳めぐりは私の趣味の一つです。 「天幕城址」、南東側三の丸から見ています。 「天幕城址」、東二の丸から、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

忍城趾

 今朝は珍しく雲が切れて晴れ間が見えます。6日に埼玉(さきたま)古墳群を見学したことは既に報告いたしました。その時に丸墓山古墳上から見た忍城へ行ってみたくなりましたので帰りに立ち寄りました。ただし忍城趾は改変されて当時の姿はほとんど残っていません。本丸跡には「行田市郷土博物館」があります。忍城関連の歴史資料を始め、町の代表的産業だった足…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

さきたま史跡の博物館

現在雨は降っていませんが今日は雨の予報です。今年の梅雨は極端に日照時間が少ないです。さて埼玉古墳群10基の見学を終えて最後は博物館の見学です。主に稲荷山古墳の出土品を中心に展示しています。 「さきたま史跡の博物館」、ここには埼玉古墳群で発掘された副葬品がたくさん展示されています。 「金錯銘鉄剣」、1968年に稲荷山古墳の…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

埼玉古墳群その2

 昨日は5基の古墳を紹介しました。今日は残りの5基の古墳とその他を紹介します。こちらの5基は整備はされていますが詳しい発掘調査はなされていません。なお最後の浅間塚古墳は古墳群に含まれる説と含まれないとする説がありますが私は含めて考えています。 「瓦塚古墳」、長さ73m後円部径36.5m高さ5.1m前方部幅47m高さ4.9m、この古…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

埼玉古墳群その1

弱い雨の朝です。昨日は埼玉県行田市の国指定埼玉(さきたま)古墳群を見学して来ました。6年ぶり2度目の訪問です。前回は9基の古墳でしたが今回は10基の古墳を見学して来ました。今日はその第1報です。 「さきたま古墳公園案内図」、大小10基の古墳があります。 「丸墓山古墳」、径105m高さ18.9m、6世紀前半、日本最大の円墳…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

多胡薬師塚古墳その他

 珍しく昨夜は雨が降りましたが今日は快晴の朝です。5日に吉井町の仁叟寺を参拝した後に400m先に古墳があるとの標識を見つけました。古墳好きの私としては見逃すわけにはいきません。一山超えて東に向かいました。途中に案内板はありませんので感だけを頼りにたどり着きました。  「多胡薬師塚古墳」、直径約25m、高さ約3.5mの円墳。墳丘南側…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

小幡散策2019

 今日は5日に歩いた小幡の町の点描です。2012年から7年間で9回小幡の町を散策しています。  「織田宗家七代の墓」、初代信雄から七代信富までの墓です。  「初代織田信雄の墓」、一番右にあり最も大きく立派です。  「立ち並ぶ墓」、左側は崩れかけていますが昔は堂宇があり火災にあったようです。  「崇福寺…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

楽山園

 楽山園は甘楽町小幡にある群馬に残る唯一の大名庭園で国指定名勝です。江戸時代初期に織田氏によって造られた小幡藩邸の池泉回遊式の借景庭園です。論語の「知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」に由来する名前です。2012年3月24日修復公開されました。  「中門」、城の入り口です。城の内側から見たところです。  「織田家8代・松…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

平井地区1号古墳とその時代

 昨夜の雨は上がりました。昨日は最高気温が7℃に達せず寒い日でした。28日に藤岡歴史館春季企画展(会期:2019年3月23日~5月12日)を見てきました。この日の見学者は私一人でした。平井地区1号古墳は藤岡歴史館の近くにある古墳で出土した資料群は「平井1号墳出土品」の名称で1997年に国の重要文化財指定を受けています。  「円筒埴…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

古墳めぐり

 太子塚古墳の展示を見た後はかみつけの里博物館の常設展示を見学して周辺の古墳巡りをすることにしました。博物館のある場所は保渡田古墳群の中にありますがその周辺の4つの古墳と保渡田古墳群の3つの古墳めぐりです。車は博物館の駐車場に止めて歩きました。所要時間はおよそ2時間半でした。  「賢海坊古墳」、円墳、直径:約15m、未調査、井出町…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

太子塚古墳を考える

 昨夜10時過ぎにわずかに雪が降りましたが地面が白くなることはなく消えてしまいました。7日にかみつけの里博物館で開催中の「太子塚古墳を考える」、(1月26日~3月24日開催)展を見てきました。太子塚古墳は高崎市箕郷和田山地区に所在した古墳時代中期末(5世紀末)築造、全長24mの帆立貝式古墳です。  「埴輪群」、小型の古墳ですがたく…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大泉町文化むらその3

 文化むらは広い敷地に様々な施設が建っています。今日はその中から資料館の紹介です。明治時代の代表的な養蚕農家の家屋を、文化むら敷地内に移築復元したものです。 HPには「ケヤキの大黒柱、広い土間、むき出しの長大な梁。当時の大型木造農家のありさまが、明治時代の生活を生き生きと伝えます。」とあります。  「門」、外側から見たところです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大泉町文化むらその2

 昨日は19℃まで気温が上がり今年の最高でした。暖かい日だったので高崎市の保渡田地区にある小古墳4基を巡り歩いてきました。今日は昨日紹介しきれなかった展示物の紹介です。  「同向式画文帯神獣鏡」、古海原前1号古墳出土、複製品です。裏側を見せていることが多いですが表は鏡です。  「古墳出土品」、古海原前1号古墳出土、中央に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大泉町文化むらその1

 昨日は関東南部では雨が降りましたがこちらは全く降りませんでした。赤岩堂山古墳を見学後は大泉町の文化むらに移動しました。先日古海原前1号古墳を見学した時に見られなかった出土品を見るためです。町には28ヵ所の遺跡と2基の古墳および2つの古墳群があり町は遺跡の上にあると言っても過言ではありません。  「文化むら展示棟」、大変に立派な建…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

赤岩堂山古墳と光恩寺

 板倉町で5基の古墳を巡りましたが物足りないので千代田町の赤岩堂山古墳に向かいました。この古墳は館林・邑楽地区では最大規模の前方後円墳です。  「赤岩堂山古墳」、東側から後円部を見たところです。墳丘長は約90m、高さ8m、6世紀後半  「赤岩堂山古墳」、東北側から見たところです。お寺の境内にあることと家が立て込んでいて全…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

板倉町の古墳その2

 昨夜は僅かですが雨が降りました。岩田地区の3基の古墳を見学した後は飯野地区に向かいました。ところがカーナビが案内した場所は田んぼの真ん中でどこを見ても古墳らしきものはありません。この地区では3基の古墳があり松ノ木古墳が代表的な古墳ですが開平されてしまい姿はありません。標識だけでもと探しましたが諦めて大高嶋地区に向かいました。目標にした…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

板倉町の古墳その1

 昨日、再び板倉町の古墳を巡り歩きました。1月17日に頼母子横穴墓群と赤城塚古墳を訪ねて紹介しました。その時に訪ねられらかった古墳を巡り歩きました。板倉町の南西部には11基の古墳があるはずですがそのうち5基の古墳を見てきました。今日は岩田地区の3基の古墳の紹介です。  「道明山古墳」、前方後円墳、全長36m、後円部径24m、高さ3…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

発掘情報館その3

 昨日の朝、わずかに雪が降りました。直ぐに止んでしまい地面が濡れることはありませんでした。極端な乾燥状態はしばらく続きそうです。今日はまたまた発掘情報館の紹介です。ここには新幹線や高速道路の建設に伴う発掘により出土した遺物がたくさん収蔵されています。その1部を紹介します。  「収蔵展示」、修復された遺物が大量に展示されています。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

赤城塚古墳

 今日は大寒です。さて古海原前1号墳を見学を終えた後は邑楽町、館林市を通り越し再び板倉町に戻り赤城塚古墳を見ることにしました。頼母子横穴墓群から直にくれば近いのに20㎞以上回り道をしたことになります。ところが赤城塚古墳は予想に反して大変荒れた古墳でした。  「赤城塚古墳」、直径約30m、高さ約4mの円墳、4世紀後半、東毛における最…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

古海原前1号古墳

 頼母子横穴墓群を見学した後は大泉町まで戻り古海原前1号古墳へ向かいました。大泉町もたくさんの遺跡が存在するところで32ヶ所あります。古海原前1号古墳は町の南東部、利根川近くにありました。今回1ヵ所しか見ませんでしたが20を越える古海原前古墳群の中の1つです。  「古海原前1号古墳」、全長54m、高さ3.8m、帆立貝式古墳、5世紀…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

頼母子横穴墓群と文化資料館

 先日の発掘情報館の紹介が終わていませんが昨日は邑楽郡にある3ヶ所の古墳を巡り歩いてきました。今日は最初に訪れた板倉町海老瀬にある頼母子横穴墓群と板倉町立文化資料館の紹介です。  「頼母子横穴墓群」、7世紀後半、古墳は土を盛って作りますが横穴墓は斜面に横穴を掘って墓にしたものです。群馬ではほとんどなく高崎市の穴大黒など5例ほどしか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

発掘情報館その2

 発掘情報館には膨大な展示物がありますがやはりこの情報を無視することは出来ないでしょう。それは「甲を着た古墳人」の世界です。平成24(2012)年11月19日、上信自動車道建設に伴い発掘調査をしていた渋川市の金井東裏遺跡で6世紀初頭の榛名山の噴火に伴う火砕流で被災した「甲を着た古墳人」が発見されました。  「甲を着た古墳人」、身長…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

三津屋古墳

 発掘情報館の紹介は1時お休みして今日はこの日最後に訪れた吉岡町にある三津屋古墳の紹介です。ここはこれまで紹介して来た数々の古墳と違い八角形古墳です。  「三津屋古墳」、7世紀後半に築かれた一辺が約9mの八角形墳です。修復されて建設当時の姿に復元されています。平成五年発掘調査、群馬県指定史跡です。  「三津屋古墳」、北側…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

発掘情報館その1

 虚空蔵塚古墳を見学後は渋川市北橘町にある群馬県埋蔵文化財調査センターに併設されている発掘情報館を訪ねました。日曜日から金曜日が開館です。入館は無料です。かねてから訪れねばと思っていた施設です。膨大な収蔵展示品があります。撮影可ですからたくさんの写真を撮りましたがとても全てを紹介できません。  「発掘情報館」、平成8年から調査セン…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

虚空蔵塚古墳

 昨日東京で初雪を観測しましたが当地は雨も雪も1滴も降らず晴れていました。八幡宮を参拝した後は近くにあると言う虚空蔵塚古墳を目指します。神社の掃除をしている人に在処を尋ねたのですが全く知らないと言われました。何時ものことで別に驚きはしませんが古墳に関心がある人はごく限られた人です。また古墳探しに迷いましたが結果的には八幡宮の前の上毛三山…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more