2019・9月の園芸その2

 昨日は30℃ほどに気温が上がり暑い日でした。タヌキマメの播種とマンリョウの苗の植え替えを行いました。またタマネギやニンニクの植え付け場所に堆肥と苦土石灰を播いて耕しました。さらに庭の除草を行いましたが今年はいつまでもやぶ蚊が多く苦労しました。 「タヌキマメ」、マメ科タヌキマメ属、民間療法で薬草として用いられるほか、ネコブセンチュ…
コメント:12

続きを読むread more

2019・9月の菜園その4

 最近は夜明けが遅くなって5時ではまだ真っ暗です。朝晩は涼しくなりましたが相変わらずの高温傾向が続いています。21日に白菜の植え付け、24日にコマツナ、ホウレンソウの播種、ワケネギの植え替えを行いました。今日はその様子です。 「白菜の苗」、65日型と85日型の2種類です。種を播いて育てて置いたものです。各15株を植え付けました。 …
コメント:10

続きを読むread more

ヒガンバナ咲く

 遅れていたヒガンバナが22日ついに咲きました。2011~2019の9年間で最も遅い記録です。私の記録によれば2011年17日、2012年19日、2013年12日、2014年12日、2015年9日、2016年6日、2017年9日、2018年10日、2019年22日です。今日はヒガンバナと庭の花の紹介です。 「ヒガンバナ1」、ヒガン…
コメント:9

続きを読むread more

2019・八島ヶ原湿原その2

 昨日は午前中、小松菜とホウレンソウを播種してワケネギの植え替えを行いました。今日は八島ヶ原湿原の後半です。撮った花は全部は紹介出来ませんが長くなるので今回で終りにします。体調は未だ元には戻りませんが6割ぐらいは戻った気がします。 「ノコンギク」、濃色、キク科シオン属、ノコンギクにはたくさんの変種が存在します。秋を代表する野菊の1…
コメント:8

続きを読むread more

2019・八島ヶ原湿原その1

 今朝は快晴で満天の星空です。車山の散策を終えたあとは八島ヶ原湿原に向かいました。八島ヶ原湿原は霧ヶ峰最大の高層湿原で1万年前に出来たとされる本州最古の湿原です。およそ360種類の高山植物や湿原植物が自生しています。流石にこの時期は花の数は少なくなりましたがそれなりの山野草は見られました。 「霧ヶ峰湿原植物群落」、通称八島ヶ原湿原…
コメント:10

続きを読むread more

2019・車山高原その2

 21日に彼岸の墓参りに行った後に白菜を30株植え付けました。雨を予想したのですが降りませんでしたが昨夜雨が降りました。昨日ついにヒガンバナが開花しました。昨日は登山口から山頂までの様子ですが今日は下山の様子です。花の写真はたくさん撮ったのですがピンボケが多く使い物になりません。 「分岐への道」、8:42、車山南登山口への道と蝶々…
コメント:9

続きを読むread more

2019・車山高原その1

 20日、衰えた体力の回復状態を知るために車山高原と八島湿原を歩いてきました。山はすでに秋の気配で気温も5~6℃ほどだったと思います。歩いていても汗をかきませんでした。流石にもう山野草も終盤で少なくなっていましたがそれでも40種類以上は見られました。 「車山登山口」、車山肩の駐車場に車を止めて7時45分にスタートです。中央に山頂の…
コメント:13

続きを読むread more

ぐんまフラワーパーク9月その3

 早朝僅かですが雨が降りました。3連休は天気が良くないようです。昨日は霧ヶ峰の車山と八島湿原を歩いてきました。後日報告するとして今日はぐんまフラワーパーク9月の3回目です。温室の花その他です。今回で終りにします。 「サガリバナ」、サガリバナ科サガリバナ属の常緑高木。東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯に分布し、日本では南西諸島(奄美大島以…
コメント:7

続きを読むread more

ぐんまフラワーパーク9月その2

 今朝も庭の鈴虫とコウロギの声が良く聞こえます。さてフラワーパークではいろいろなイベントが開かれています。今日はその内から「秋の花育ガーデン」と「盆栽展」の紹介です。花育ガーデンは全部は紹介出来ないので半分以下です。 「ハロウィン・ガーデン」、Fukushima fam 「Cocomerry garden」、Coco m…
コメント:11

続きを読むread more

ぐんまフラワーパーク9月その1

 今朝は大変涼しい風が吹いています。昨日午後わずかですが雨が降りました。17日にフラワーパークを歩いてきました。この日は日差しの強い日で日陰を選んで歩くほどでした。それでも吹く風は心地よく気持ち良かったです。滞在時間はおよそ1時間40分です。 「パークタワー」シンボルのツインタワーです。花壇にはコスモスが目立ちます。 「…
コメント:11

続きを読むread more

2019・9月の花その3

 今朝は曇りです。昨日は最高気温が32℃を越えました。高温が続くためか少雨のためか今年はヒガンバナがいまだに咲きません。過去8年間で最も早い開花は2016年の9月6日、最も遅かったのは2012年の9月19日でした。平均は10.5日ですから今年の遅さが目立ちます。今日は庭の花の紹介です。 「リコリス・ラディアータ」、日本のヒガンバナ…
コメント:13

続きを読むread more

クリスマスローズの播種

 昨日、今年もクリスマスローズの播種を行いました。5月に採種して茶こし袋に入れて鉢に埋め保管してきたものを掘り起こして播種をしたものです。昨年は遅れてしまい12月に発芽済みのものを播種しましたが今年は予定通り9月に播種できました。 「クリスマスローズ」、黄色のセミダブル咲きです。今年3月の花です。今年はこの花の種を主に播きました。…
コメント:11

続きを読むread more

ヒヤシンスの植え替え

 昨日は良く晴れて30℃を越えました。秋植え球根の第1段としてヒヤシンスの植え替えを行いました。ヒヤシンスはチューリップ球根のように掘り上げて保管せずにすぐに植え替えます。地植えのヒヤシンスもありますがこれは植え替えません。 「ヒヤシンス」、今年4月開花中のヒヤシンス・レインボー7色です。 「植え替え前」、左ヒヤシンス・…
コメント:9

続きを読むread more

2019・ハギ5種

 今朝も庭で鈴虫とコウロギが合唱しています。昨日は予想以上に良く晴れて作業すると汗が出ました。主な作業は菜園の除草です。トウモロコシの後にはびこってしまった雑草退治です。 今日の紹介は家にある5種類のハギです。ハギは、マメ科ハギ属の総称。落葉低木。秋の七草のひとつで、花期は7月から10月です。残念ながら今年のハギは花があまり良くありま…
コメント:11

続きを読むread more

2019・9月の園芸その1

 快晴の朝を迎えました。昨日は一気に気温が下がり涼しい日でした。遅れていたタマネギの種をようやく播いたり、カビにやられてしまったパンジーのまき直し、庭木の剪定、庭の除草などを行いました。 「パンジー」、品種は’オトノ’です。 「ビートバン」、お湯で溶いたベンレート水和剤を浸み込ませました。 「パンジーの種」、1…
コメント:9

続きを読むread more

神流町塩沢地区の百日紅園

 昨日は空気が乾燥して秋の気配でした。気分転換で神流町の百日紅園を尋ねてみました。案内板はありませんのでナビに見当つけた地点にマークを入れて出かけました。間違いなく到着したのですが入り口が分かりません。山道の終点まで行って戻りました。天気は良かったのですが見学所は私一人でした。山の畑で仕事中のご婦人に入り方を尋ねて入りました。 「…
コメント:11

続きを読むread more

2018・9月の菜園その3

 昨日3時ごろ、珍しく夕立がありました。激しい雷鳴と共に待望の雨が降りました。40分ほどで完全に上がりました。雨量は少なかったですが地面が少し濡れました。どうやら暑い夏が終わり秋がやってきそうです。 「ダイコン用地の畝立て」、幅75㎝のベッドの中央に溝を掘り牛糞堆肥と野菜用高度化成肥料を入れます。 「マルチ」、畝幅は60…
コメント:10

続きを読むread more

2019・9月の菜園その2

 今朝は庭のコウロギと鈴虫の声が良く聞こえます。昨日は空は青く白い雲は秋の気配なのですが気温は37℃になり猛暑日でした。流石に昨日が峠だと思うのですが猛暑続きで園芸作業の予定が立ちません。種を播いても高温では発芽しませんし遅れると寒さで育ちません。家庭菜園も年々やりにくくなってきました。 「野菜苗1」、9月5日現在、8月24日に連…
コメント:9

続きを読むread more

2019・9月の花その2

 快晴の朝です。昨日は35℃の猛暑日でした。今日は36℃の予想です。9月の陽気とはお思えないです。菜園を耕してみたのですが呼吸困難で心臓がバクバク、汗が止まらなく熱中症の1歩手前でやっとのことで部屋の戻る有様でした。体調は大分戻った感覚ですがまだ本調子ではありません。今日は庭の花の紹介です。 「サギソウ」、品種名は’玉竜花’です。…
コメント:10

続きを読むread more

阿久澤家住宅ほか

 雨の朝を迎えました。台風15号によるものですが風も吹いています。6日に妻のお供でぐんまフラワーパークの傍の「あかぎおろし」に出かけました。今年も東京の孫たちにブドウを送るためです。「あかぎおろし」はブドウや桃の果樹園があり農産物や小物を売るお店です。 「あかぎおろし」 「ブドウ棚の休憩所」、収穫体験もできます。 …
コメント:10

続きを読むread more