ユリ球根の植え替えその3

 昨日がやや風が吹きましたが良く晴れました。午前中にサクラソウの植え替えを24鉢行い合計312鉢終了しました。午後にはユリ球根の植え替えを行いました。今年はユリの葉が何時までも枯れません。枯れてから植え替えるつもりなので12月までずれ込みそうです。

「花ユリ」、植え替え前です。名札落ちで名前が分からなくなりました。2本だけ花茎が残っています。
kyuukon19146.JPG

「鉢と鉢底石」、38㎝プラエコ鉢、軽石、ゼオライト、炭です。
kyuukon19147.JPG

「培養土」、市販の球根用培養土です。
kyuukon19148.JPG

「掘り上げた球根」、開花見込み球は4球です。
kyuukon19149.JPG

「消毒中」、オーソサイド水和剤で消毒します。
kyuukon19150.JPG

「下の元肥」、ユリには球根の上と下に根があります。これは下根用です。
kyuukon19151.JPG

「消毒後」、少し乾燥させてから植え込みます。
kyuukon19152.JPG

「間土」、球根の根が直接肥料に触れないようにします。
kyuukon19153.JPG

「植え込み」4球植えこみ傍に4本の竹串を立てます。ダブルデッカーの定石です。
kyuukon19154.JPG

「覆土と上の元肥」、開花球の上根用であると共に小球根の下根用です。上根の方が量が多いので大目に与えます。
kyuukon19155.JPG

「小球の植え込み」、小球には上根がありませんので浅植えです。
kyuukon19156.JPG

「植え込み完了」、覆土は出来る限り多くします。ユリは深植えが原則です。
kyuukon19157.JPG

「まだ葉が青いユリ」、この状態では植え替えが出来ません。こうしたユリが8鉢あります。
kyuukon19158.JPG

「黄かのこゆり」、36㎝プラ鉢に1球植え込みました。
kyuukon19159.JPG

「植え付け完了」、出来るだけ多く覆土します。浅植えですと上根を張るスペースがありません。
kyuukon19160.JPG

 ユリ球根の鉢植は10鉢以上ありますが大型の鉢が必要になります。今回はプラ鉢を使用しましたが重くなるので移動が大変になります。他に地植えもたくさんありますが地植えは毎年植え替えることはありません。でも数年に1度は植え替えたほうが良く咲きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年11月09日 06:19
おはようございます
数日前 地植えの百合がまだ咲いているのを見ました
狂い咲きかなとビックリしましたが
植物も 気候の変化に とまどっているのでしょうか
園芸作業も変わってきますね
2019年11月09日 06:46
emiさん、家でも10月末にタカサゴユリが咲きました。あまりに遅い開花に驚きました。例年なら枯れるはずのユリの葉が今年は青々としています。球根に異常がある時の症状なのですがあまりにも数が多すぎますので違うようです。
ようやく朝晩冷え込むようになったので葉が枯れて落ちるのを待っています。
2019年11月09日 11:42
これから投稿しますが、我が家の近くでもタカサゴユリが咲いています。ことしは本当に変ですね。
ユリの球根は深植えが原則なんですね。先日のチューリップの球根ですが、これも深植えのようですね。ネットによると、鉢植えの場合は深さ3cmでも良いようなことも書いてありますが、球根の高さの2~3倍と考えて良いでしょうか。
2019年11月09日 13:15
長さん、タカサゴユリの花期は6~11月と言ことですから今咲いても異常ではないのかもしれません。しかしそれは暖かい地方でしょうからやり奇妙です。
チューリップの球根は1年かぎりと考えるならば浅植えでも十分咲きます。球根の上ぎりぎりでも花は咲きます。
ユリは上根があるので出来れば深植えにしたいです。浅植えにすると茎が倒れやすくなります。原則には球根の高さ2~3倍です。