榛名山の花9月その5

 昨日は良く晴れて暑くなりました。午後には妻のお供でぐんまフラワーパークの近くのブドウ園まで行ってきました。帰りにはほかに2ヶ所で妻は買い物を楽しみました。今朝は曇っていますが今日も真夏日になりそうです。今日も榛名山の花の紹介です。もう5回目ですがまだ終了しません。

「ダイコンソウ」、バラ科ダイコンソウ属、直径2~3㎝の黄色い花を付けます。西洋 ダイコンソウより小さな花です。
harunaf1992.JPG

「タマアジサイ」、アジサイ科アジサイ属、タマアジサイは葉に一面細かい毛があります。アジサイの仲間では遅咲きです。開花すると額ブチ咲きになります。
harunaf1993.JPG

「キバナアキギリ」、シソ科 アキギリ属の多年草、淡黄色の筒型の花です。
harunaf1994.JPG

「サラシナショウマ」、キンポウゲ科サラシナショウマ属、全国の落葉樹林内や草原などに 生える多年草。白く長いビン洗いのブラシのような花穂をつけます。これから見ごろを迎えます。
harunaf1995.JPG

「ノダケ」、セリ科シシウド属、暗紫色の花を密につけます。葉が幹に付く部分が袋状に 膨らんでいます。北海道を除く全国の山野で普通に見られます。
harunaf1996.JPG

「ツリフネソウ」、ツリフネソウ科ツリフネソウ 属、紅紫色の大変特徴のある花が釣り下がる ように咲きます。
harunaf1997.JPG

「キツリフネ」、ツリフネソウ科ツリフネソウ属、帆掛け船を糸でつるしたような独特の花形 です。これは黄花です。
harunaf1998.JPG

「オオヒナノウスツボ」、ゴマノハグサ科ゴマノハグサ属の多年草。茎は角ばった稜が4つあって四角になり、直立して高さ1mになります。花期は8-9月。茎先によく分枝する円錐花序を作り、多くの花をつけます。私は初めて見ました。
harunaf1999.JPG

「トチバニンジン」、ウコギ科 トチバニンジン属の多年草。薬用植物。日本原産。和名の由来は、葉の形状がトチノキに似ることからきています。この植物が榛名山にあることは初めてしりました。
harunaf19100.JPG

「オトコエシ」、オミナエシ科オミナエシ属、 オミナエシの黄色に対してこちらは白です。
harunaf19100b.JPG

 オオヒナノウスツボとトチバニンジンは今回初めて見ました。実は蛇が岳登山口付近を歩いていたら中年の二人連れのご婦人が山を下りてきました。安中市在住とのことですが実に植物に詳しい方で教えていただいたものです。私一人では見過ごしていたでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2019年09月07日 06:29
山野草も思わぬものに出会う時は何か特別な
嬉しさが有ります。
鳥居峠の草花を撮っていたら小菊に出会いました。
私は小菊は「小菊」で聞かれても「キクは菊、聞かないで」と
コメントしました。
こんな時知っていたら良かったのにと思うのですが・・・
2019年09月07日 06:54
おはようございます
キバナアキギリ ツリフネソウ
サラシナショウマ 気になるお花です
綺麗に咲いていますね
名前を知っているお花は目に入りますが
知らないお花は そこにあっても
目に入ってこないものですね
人との出会いで お花が一つ自分の物になる
良いですね
2019年09月07日 06:54
信徳さん、榛名山の山野草についてはある程度分かるつもりでしたが未だに初見のものがあります。おそらくまだ見ぬ花がたくさんあるのではないかと思いました。
榛名山の野菊と言えばアワコガネギク、リュウノウギク(この2つは菊葉)、ユウガギク、ノコンギク、シラヤマギク、シロヨメナなどたくさんあります。即座に見分ける人はかなり山野草に詳しい人です。
2019年09月07日 07:05
emiさん、おはようございます。
実は私は知らない花は見なかったことにして撮らないのです。本当は図鑑等で調べれば良いのですが最近その気力が薄れています。
この時期、榛名山では100種類を超える山野草が咲いていると思います。興味のない人にしてみれば「だからどうした」という話です。明日最終回にするつもりです。
2019年09月07日 11:24
矢張り珍しい植物が多くておもしろいです、黄花釣船草と釣船草と同時に咲いているんですね、当地の市民の森でも咲いているかも知れませんが、こんなに蒸し暑い気温では出掛ける気合いが湧きません。
2019年09月07日 14:14
bunkoさん、何時も歩いているコースではどこに行けばどんな花が咲いているのかは分かります。今回新たに歩いたコースで新たな山野草を見ました。榛名山では通常のツリフネソウよりもキツリフネの方が多いです。どちらも群落を作ります。距離も近いのに交雑しないのが不思議です。
こちらも蒸し暑いです。朝、ハクサイ苗の植え替えを行ったのですが汗だくになってしまい部屋でだらけています。
2019年09月07日 15:24
ちょっとご無沙汰しました。
体調は少しは回復されましたか。
今回の温泉旅行でツリフネソウやキツリフネなどの自生の花も見てきました
オオヒナノウスツボは都内の植物園で見ましたが、スズメバチが好むようですね。
2019年09月07日 17:58
長さん、いらしゃいませ。
体調は大分良くなってきましたがまだ無理が出来ません。今は対症療法の薬を飲んでいます。血液検査の結果は11日に判明します。病名も分かると思います。
ツリフネソウやキツリフネは赤城山でも見ることが出来ます。オオヒナノウスツボは図鑑で見たことがあるので榛名山にもあると思っていましたが実物には初めて出会いました。トチバニンジンは自信がなかったですがネットで検索して分かりました。
2019年09月08日 17:08
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。