2019・8月の花その7

 最近滅多に太陽が出ません。日照不足です。昨日は1日中雨が降ったり止んだりですが雨の合間に庭の花を撮りました。毎年あまり変わり映えがしません。

「サルビアコッキネア」、シソ科サルビア属の多年草で北アメリカから南アメリカにかけてが原産です。レディインレッド
8hana1978.JPG

「オオケタデ1」、タデ科タデ属、アジア東南部原産、タデ科の中では最大で2mを優に超える ことがあります。1年草でこれだけ大きくなるものは少ないです。
8hana1979.JPG

「オオケタデ2」、子供のころの「あかまんま」です。
8hana1980.JPG

「ハツユキソウ1」、トウダイグサ科 ユーフォルビア 属、北アメリカ原産の1年草です。
8hana1981.JPG

「ハツユキソウ2」、ポインセチアの仲間です。
8hana1982.JPG

「マロウ」、アオイ科ゼニアオイ属の多年草、花はハーブティとして利用されており、お湯を 注ぐと透きとおった青いお茶になります。
8hana1983.JPG

「キンミズヒキ」、バラ科 キンミズヒキ属の多年草。黄色の小さな花を密 につけます。
8hana1984.JPG

「クレオメ」、フウチョウソウ科クレオメ属、和名はセイヨウフウチョウソウ(西洋風蝶草)です。大変花期の長い花で株には種が出来ています。
8hana1985.JPG

「シュウメイギク」、キンポゲ科イチリンソウ属の植物で菊仲間ではありません。
8hana1986.JPG

「カラスウリ」、まだ毎日花が咲きますが既に実が大きくなってきました。
8hana1987.JPG

「ヤマボウシの実」、甘くて食べられますが私は好きではありません。
8hana1988.JPG

「バラ1」、あかぎの輝き、四季咲きのバラは何度でも花が咲きます。このバラは切り戻し4回目です。
8hana1989.JPG

「バラ2」、ノヴァーリス、すでに5回目の花を咲かせたバラもありますがこれは3度目です。
8hana1990.JPG

 コスモスが咲き出しましたが雨に濡れて花が下を向いてしまいました。後日紹介の予定です。昨夜の雨は上がって今は青空も見えていますが今日は1日曇りの予報です。秋の長雨シーズンに入ったようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月31日 06:47
真っ赤なサルビアが咲いてもう秋ですね。
カラスウリの実がなって晩秋には赤くなるのでしょう。
秋雨前線が停滞し毎日はっきりしない日が続きます。
スカッとした秋空が欲しいものです。
2019年08月31日 07:25
信徳さん、朝晩、少し涼しくなって何となく秋の気配を感じるようになりました。このサルビアは少し変わっていて葉はハーブのような匂いがします。カラスウリは間もなく色づきます。
最近曇りや雨が多く気分が滅入ってしまいます。抜けるような青空が欲しいですね。
2019年08月31日 09:55
お庭の花達も待ち望んでいる事でしょうけど、涼しい秋風が吹く碧空は、いつになったら来るのでしょうね、もう暫く30度以上の蒸し暑い日が続きそうですねやまぼうしの実が食べられるのは知りませんでした。
2019年08月31日 11:13
bunkoさん、蒸し暑く湿度が高いので今年はやぶ蚊が多いです。珍しく青空が見えていますが積乱雲がたくさん出ているので夕立が来るかもしてません。毎日天気が不安定です。
ヤマボウシの実は食べられますよ。好きだと言う人もいますが私はザラメのような食感が好きではありません。酸味は無くとにかく甘い実です。山歩きの際に見つけると1口かじるのですが食べることはまれです。
2019年08月31日 15:17
真っ赤なサルビア・コッキネアですね。ウォーキング中にコーラルニンフをよく見かけます。
あかまんま、子供の頃の記憶ではこんなに大きくなかったので、イヌタデの方だったのでしょうね。
マロウは花期が長いですね。
楽老
2019年08月31日 15:53
長さん、今出先からです。サルビアはpinkもあります。
こちらでは昔からオオケタデでした。マロウはいつまでも咲いております。
2019年08月31日 21:11
こんばんは
曇りの日がおおいですねー
ヤマボウシの実色づいて
きましたね
ゼニアオイ、何故こういう名が
付いたんでしょうね^^
2019年09月01日 16:16
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。