鍋割山と荒山・2019その1

 6日に赤城山の鍋割山と荒山を歩いてきました。下界はこの日は32℃を越えていましたが山の上は19~22℃で吹く風が涼しかったです。既に終わってしまったと思われたヤマツツジが満開、レンゲツツジも咲いてトウゴクミツバツツジ、シロヤシオ、サラサドウダンも一緒に咲いてこれまで何度も歩いた山ですが初めての経験で大満足の山歩きでした。
 
 「登山口」、7:22、ひめゆり駐車場に車を止めてトレッキング開始です。
画像


 「荒山風穴」、7:56、温度計が2つあり下が12℃、上が14℃を指していました。
画像


 「レンゲショウマ」、風穴の付近は以前レンゲショウマが咲いていました。今は花の咲かない小さな苗だけが保護されてあります。
画像


 「荒山高原のツツジ」、8:06、荒山高原はツツジが最盛期でした。これはヤマツツジです。
画像


 「ヤマツツジ」、満開のヤマツツジが目に鮮やかです。
画像


 「レンゲツツジ」、群馬県の県の花です 。ツツジ科ツツジ属の落葉低木で有毒で牛や馬は絶対に食べません ...
画像


 「アカギキンポウゲ」、ウマノアシガタの変種です。花はやや小型です。
画像


 「ズミ」、別名:コリンゴ、バラ科、リンゴに似た花を付けます。
画像


 「ヤマツツジ」
画像


 「トネアザミ」、キク科アザミ属、鋭いとげと葉に白い斑が入ります。
画像


 「山上のプロムナードの始まり」、8:24
画像


 「荒山」、振り返ったところです。左の山が後ほど上る荒山で右の斜面が荒山高原です。
画像


 「ヤマツツジ」、この株は未だつぼみです。
画像


 「火起山」、8:27、後はレンゲツツジの群落です。
画像


 「地蔵岳と荒山」、手前が荒山で奥が地蔵岳です。
画像


 「山上のプロムナード」、長い稜線で大変気持ちの良いところです。
画像


 「竈山」、8:32、標高の表示はありませんが鍋割山より高いです。
画像


 「前方の山」、目的の鍋割山はこの山の向こうで見えません。
画像


 「アズキナシ」、バラ科アズキナシ属の落葉高木
画像


 「ヤマツツジ」、色が薄いです。
画像


 「ヤマツツジ」、色が濃いタイプです。
画像


 「レンゲツツジ」、濃い樺色から赤に近いものまで幅があります。
画像


 「穴のある岩」、8:38
画像


 「サラサドウダンの古木」、樹勢がだいぶ弱っています。
画像


 「サラサドウダン」、上の木の花です。
画像


 「ササバギンラン」、ラン科キンラン属の多年草,、2年前は7本見つけたのですが今回は3本しか見つかりませんでした。
画像


 「鍋割山」、8:52~57、1332.3m、誰もいません。滞在は5分だけでりザックも腰も下ろさずに戻ることにしました。
画像


 長くなりましたので明日に続きます。

 昨日が梅雨入りして久しぶりに雨が降りました。十分とはいきませんが何とか息継ぎが出来ました。ただ今日は晴れの予報です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年06月08日 06:51
赤城山はツツジが多いですね。
鍋割山と荒山は一度だけアカヤシオの時に上りました。
私でも気軽に上れたんですがアカヤシオ撮影には近くの
岩の近くまで行き撮った記憶が有ります。
レンゲツツジとヤマツツジが丁度良かった時期だったのですね。13日頃がレンゲツツジ(白樺牧場)が最盛期でしょうか?
2019年06月08日 07:19
信徳さん、赤城山はツツジの山と言われるほどツツジが多い山です。アカヤシオから始まりトウゴクミツバツツジ、ヤマツツジ、レンゲツツジ、シロヤシオ、サラサドウダンと咲き続きコメツツジが咲くとツツジのシーズンが終わります。
今年の白樺牧場のレンゲツツジの様子が少し変です。多くのツツジの枝が枯れています。近くの見晴山の方は正常で咲き始めています。覚満渕のレンゲツツジは未だつぼみです。
2019年06月08日 11:42
6日はこちらでも32℃超えの夏日でした。赤城山へ避暑と健康維持と一石二鳥の山歩きでしたね。レンゲツツジがまだ満開でしたか。火起山の名の由来はレンゲツツジの色と関係がありそうですが?
2019年06月08日 11:55
長さん、ヤマツツジが満開でレンゲツツジがこれからです。例年ですとヤマツツジの方が早いのですが今年は4月の雪で開花が遅れてレンゲツツジと一緒になりました。また5種類ものツツジが1度に見られたのは初めてです。
火起山の由来ははっきりしません。地図にも載っていない山です。ただ鍋割山(ネベワリヤマ)に向かうので火起山(ヒオコシヤマ)、竈山(カマドヤマ)とつけた名前だと思われます。
2019年06月08日 20:32
こんばんは
ヤマツツジのいろは
良いですねー垢抜けしない色ですが^^
梅雨に入りましたがカラツユでない事願います
キンランは持ち帰ってしまうんでしょうかね
2019年06月08日 20:54
すーちんさん、こんばんは
ヤマツツジの株は数千株はあると思います。ヤマツツジに染まりそうな気がしました。色はよく見ると薄くてピンクに近いものから真っ赤に近いものまで様々あります。色の変化を見るのも楽しいです。
今年の当地の1ヶ月の雨量は例年の半分しか降りませんでした。野菜が育たず枯れてしまい収穫できませんでした。こんなことは長年やっていて初めての経験です。空梅雨でないことを祈るばかりです。
明日も別の場所で見つけたギンランを載せます。キンランは花の色が黄色ですがギンランは白です。どちらも赤城山にはありますが栽培は難しく山のものを持ち帰ってもまず栽培できません。