楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018・我が家の桜草その1

<<   作成日時 : 2018/04/14 06:06   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 6

 今年もサクラソウの季節を迎えました。昨年より4日早い第1報です。今年はすでに何日も夏日を記録したために開花が早まったものです。以前は600種を超えるサクラソウを栽培していたのですが周囲の勧めもあり順次削減して今は300種ほどしかありません。今後順次紹介の予定です。

 「天狼」、未、裏青紫・表青紫底白、元細桜弁、浅抱え咲き、僅長柱花、中輪
画像


 「少納言」、未、裏紅・表紅白の糸覆輪、桜弁、平咲き、短柱花、中輪
画像


 「新冠」、野生種、紅広弁、北海道新冠町
画像


 「空穂猿」、未、裏表白、深かがり弁、平咲き、長柱か、中輪、山原茂
画像

 
 「喝采」、八重、裏紅・表紅底白、深かがり弁、八重咲、中輪、一江豊一
画像


 「紅鑼」、No277、裏紅・表底白・かがり弁平咲きで横向き咲き・長柱花、強健、昭和前期
画像


 「南木曽」、野生種、紫紅、桜弁、長野県南木曽町、野生種には珍しい紫系の花です。
画像


 「地蔵ヶ原白」、野生種、白、桜弁、大分県九重町
画像


 「江戸紫」、未、裏紅・表紅底白、広桜弁、平咲き、短柱花、中輪
画像


 「春の装」、No302、裏紫・表白、広桜弁、浅抱え咲き、長柱花、大輪、山内勝貞
画像


 「新里の松」、野生種、紅、平桜弁、群馬県新里町
画像


 「メモリー」、八重、裏表紅、先丸弁、八重咲、一江豊一
画像


 「東唄」、No262、裏薄紅・表白・元細桜弁・短柱花、大輪、妙智力に似ています。江戸末期
画像


 「花筏」、裏薄紅緑絞り・表白、かがり弁、掴み車咲き、仲村宏
画像


 「児童」、No88、裏桃ぼかし・表白・広桜弁・掴み咲き・長柱花、花付き良し、江戸末期
画像


 「海野宿」、野生種、紅、広桜弁、長野県海野
画像


 「田島紅」、野生種、紅、桜弁、埼玉県さいたま市
画像


 「大明錦」、No114、表裏鴇色地に紅絞り、広桜弁、平咲き受け咲き、短柱花、中輪、紅絞りは不安定、江戸末期
画像


 「浮かれ獅子」、No265、淡紫紅・表曙白、広深かがり弁、狂い抱え咲き、長柱花、大輪、昭和前期?
画像


 「手牡丹」、未、裏薄紫紅・表白底紫紅、深かがり弁、平咲き、短柱花、中輪、山原茂
画像


 「鞍馬」、No64、裏紅・表白・広かがり弁・浅抱え咲き受け咲き・僅長柱花、大輪、強健、三保の故事に似る
画像


 昨日は館林のつつじが岡公園のツツジを見に行ってきました。今年は開花が早まっていると思い出かけたのですがさすがに少し早かったです。それでもヤマツツジは見ごろを迎えていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
街を歩いているとプリムラ・マラコイデスはあふれていますが、サクラソウはあまり見かけません。やはり、マラコイデスより育てるのが難しいのでしょうね。それに、サクラソウの愛好家だったら玄関先などには置かないですよね。
長さん
2018/04/14 10:00
長さん、桜草は日本の自生種であり、江戸時代からの古典植物の一つです。しかし今はサクラソウと言えばプリムラ・マラコイデス、プリムラ・ジュリアン、プリムラ・ポリアンサなどを思い浮かべる人がほとんどです。あえて日本桜草と言わなければ理解してもらえません。元が日本に自生しているものですから栽培は難しくはありません。
楽老
2018/04/14 14:14
こんばんは
ピンクでも限りなく
違った出方するんですね
鉢数が増えていってしまう
の分かります
すーちん
2018/04/14 20:07
すーちんさん、こんばんは
紅と一言で言いますが様々な紅が存在します。現代のデジタルカメラでは再現できない紅も桜草にはあります。ただ残念ながら日本在来の植物でありながら桜草の人気はいま一つ盛り上がりません。1部の愛好者にとどまり洋種のサクラソウ(プリムラ)の人気にはかないません。
楽老
2018/04/14 20:41
桜草の開花が進んでおりますね。
”喝采”や”メモリー”は、初期の一江さんの作品で、とても懐かしいです。
10数年前、加茂花菖蒲園まで出かけて購入したのがとても懐かしく思い出されますが、当時購入した花は、すでに消滅してしまいました…

世の中、桜草をはじめとする栽培の歴史の長い伝統植物の栽培は、若者の趣味が多様化し若者離れしたこともあり、衰退の一途をだどっていますね。。。
時代の流れとはいえ、とても寂しいですね…
佐久良 爽
2018/04/16 19:46
佐久良爽さん、こちらは何時もよりは早い開花ですが佐久良さんのところのようには行きません。昨日までに撮影できたのはおよそ80種類です。
私も八重咲きを求めて掛川まで出かけ一人3鉢までという制限付きで購入しました。その頃の名残です。今年は八重咲き種が一重に咲いてしまい紹介できないものがあります。
今朝のブログにも書きましたが日本人は舶来品を好む傾向があり日本在来の植物には目が向きません。桜草はプリムラの人気にはかないません。
楽老
2018/04/17 05:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018・我が家の桜草その1 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる