楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 八島ヶ原湿原の花その1

<<   作成日時 : 2017/09/07 05:35   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 8

 昨日は車山の花々を紹介しました。今日はその後の歩いた八島ヶ原湿原の花の紹介です。八島ヶ原湿原は霧ヶ峰にある車山湿原、踊場湿原と3つある湿原の中で最大の湿原です。1周は90分ほどで歩けます。今回は時計回りに1周しました。花の順序はアルファベット順です。

 「アケボノソウ」、リンドウ科センブリ属、花冠は深く5裂し裂片に黄緑色の蜜腺溝が2個、濃緑色の斑点だ無数にあります。
画像

 
 「アケボノソウ」、山地のやや湿ったところに生える二年草です。群生していました。
画像


 「アキノタムラソウ」、シソ科イヌハッカ亜属アキギリ属、茎の先端が分枝し、長く伸びて穂状に花を着け、花序の長さは10-25cmにもなります。葉は変異が多いです。
画像


 「アサマフウロ」、フウロソウ科フウロソウ属、ハクサンフウロより花の色が濃く大きいです。湿原の東側に群生しています。
画像


 「ベンケイソウ」、ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属、山地の草原に生える多年草です。葉が多肉植物の様に厚いです。
画像


 「エゾリンドウ」、リンドウ科リンドウ属、多湿地を好み秋を代表する花です。
画像


 「ハバヤマボクチ」、キク科ヤマボクチ属、ハバとは葉場すなわち草刈り場のことです。
画像


 「ハクサンフウロ」、フウロソウ科 フウロソウ属、石川県の白山に多いのでこの名前がありますがどこの山でもこの花は多いです。
画像


 「イブキボウフウ」、セリ科イブキボウフウ属の 多年草。もっと小さい株が多いですがこの湿原では大きくて立派です。
画像


 「イタドリ」、タデ科ソバカズラ属、別名:スイカンポ、赤い花のベニイタドリ(メイゲツソウ)もあります。
画像


 「イワショウブ」、ユリ科チシマゼキショウ属、細い葉がショウブに似ていることからイワショウブ(岩菖蒲)の名があります。水辺を好む花です
画像


 「キンミズヒキ」、バラ科キンミズヒキ属.、北海道〜九州の山野に生える多年草。
画像


 「コウゾリナ」、キク科コウゾリナ属、名はカミソリ菜の意味です。茎や葉に剛毛があり引っかかります。霧ヶ峰にはコウゾリナの高地型のカンチコウゾリナもあります。
画像


 「クルマバナ」、シソ科トウバナ属、群生していました。
画像


 「クルマバナ」、小さな淡紅色の花が輪生状に付くのでクルマバナと言います。
画像


 「クサキョウチクトウ」、ハナシノブ科フロックス属、これは山野草ではありません。この湿原には有ってはならない花です。園芸界ではオイランソウ、宿根フロックスと呼ばれるものです。ビジターセンターのスタッフに所在場所を告げておきました。処分してくれると良いのですが‥。
画像


 「マルバハギ」、マメ科ハギ属、ヤマハギに良く似ていて判別は難しいです。これは名札が付いていました。
画像


 「マツムシソウ」、マツムシソウ科マツムシソウ属、山地の草原に生える二年草。印象的な花で人気があります。
画像


 「ナンテンハギ」、マメ科 ソラマメ属、ハギの名前ですがハギの仲間ではありません。葉がナンテンに似ています。
画像


 「ノダケ」、セリ科シシウド属、茎は暗紫色を帯び、直立し、上部はわずかに分枝します。暗赤色の複散形花序をつけます。
画像


 「ノリウツギ」、アジサイ科アジサイ属の落葉低木。全国の山地に分布します。
画像


 「オミナエシ」、オミナエシ科オミナエシ属 の 多年草、秋の七草の一つです。花だけでなく茎も黄色で良く目立つ植物です。
画像


 今日は20種類22枚を紹介しましたがまだ終わりません。八島ヶ原湿原に咲く山野草はおよそ300種です。もちろん1度に咲くわけではありません。今は花が少ない時ですが40種ほどの山野草は見られます。明日もう1回八島ヶ原湿原の花を紹介させていただきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
草花の名前を知ると、それまでは見過ごしていたのに、なぜか目につくようになります。
そして名前だけではなくて、その由来やら特性やらを知れば・・・、一体どうなってしまうのでしょう。
彩雲童子
2017/09/07 06:02
お早うございます!
大好きな山野草のオンパレードです。
ウメバチソウ、アケボノソウなどが特に好きな花です。
もうそろそろ終盤でしょうね。
今年はまだ出掛けていなくてウズウズしています。
信徳
2017/09/07 06:23
彩雲童子さん、コメントありがとうございます。
私が山歩きをする理由は花に会えるからです。最初は20〜30種類ぐらいしか知らなかったのですが今ではその10倍ほどです。不思議なもので山を歩いていると自然と目に飛び込んできます。またそろそろ花がありそうだなと感じることがあります。赤城山や、榛名山を歩く時はもはや山野草のある場所を覚えてしまい会いに行く気分です。
楽老
2017/09/07 06:27
信徳さん、おはようございます!
ウメバチソウは至る所で咲いていました。ものすごい数ですよ。アケボノソウは少し奥まった目立たない場所に有ったのですが吸い寄されるように近づいたらたくさん咲いていました。花が私を呼び寄せたようです。
楽老
2017/09/07 06:37
お早うございます
輪生状に咲くクルマバナ
初めて見ました
地味な花が多いですね
見逃してしまいそうです
すーちん
2017/09/07 07:23
山野草は園芸種のような華やかさはないです。確かに地味ですがそれが魅力です。厳しい環境に耐えて付ける花は愛おしく思えます。
楽老
2017/09/07 07:40
ここには一昨年の7月末に行きましたが、花の種類がかなり違いますね。その頃、ハバヤマボクチは咲き始めでした。
アケボノソウが綺麗です。沢山咲いていたようですね。
ベンケイソウも最盛期はこんなに綺麗なものなんですね。
長さん
2017/09/07 11:29
長さん、今年は天候が不順で9月になってしまいました。そのため花の種類がだいぶ違います。ハバヤマボクチも大きく咲いていました。アケボノソウは以前も見ていますが今回の方が数も多くきれいに咲いていました。ベンケイソウはまだ色が付いていない株もありましたがピンクに色づいたものを撮りました。
楽老
2017/09/07 11:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
八島ヶ原湿原の花その1 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる