楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 車山の花

<<   作成日時 : 2017/09/06 05:33   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 4

 雨の朝です。今日から3日間雨の予報です。昨日、車山を歩いたことを報告いたしましたが今日はそこで見た花々の紹介です。とりあえず26種類の紹介です。

 「アキノキリンソウ」、キク科 アキノキリンソウ属、形態に変異が多い植物です。キリガミネアキノキリンソウかもしれません。車山の至る所でたくさん咲いていました。
画像


 「ダイコンソウ」、バラ科ダイコンソウ属、花の大きさは2p前後です。実は引っ付き虫です。
画像


 「エゾカワラナデシコ」、所々で咲いていますが傷んだ花が多かったです。普通のカワラナデシコよりもやや花が小さいです。
画像


 「ゴマナ」、キク科シオン属、キク科シオン属、白い頭花をたくさんつけます。群生しています。
画像


 「シラヤマギク」、キク科シオン属、花の特徴は茎先に白い頭 花をたくさんつけます。花は舌状花と中心部の筒状花からなります。白い舌状花の数が少ないです。茎は茶色です
画像


 「ハクサンフウロ」、フウロソウ科 フウロソウ属、草原の草地に群生する花です。
画像


 「ハナイカリ」、リンドウ科ハナイカリ属、あまり目立たない花ですが花の形が特異でたくさん咲いています。
画像


 「ハンゴンソウ」、キク科キオン属、大型の草本で黄色の花は良く目立ちます。キオンと違うのは葉が3〜7深裂します。
画像


 「イタドリ」、タデ科イタドリ属、タデ科ソバカズラ属、小さな花を多数、円錐状に付けます。
画像


 「クサフジ」、マメ科ソラマメ属、山地の草原の日当たりの良い場所に生えます。青紫色の蝶形花がフジのようです。
画像


 「マツムシソウ」、マツムシソウ科マツムシソウ属の越年草、青紫色の花は良く目立ちこの花を目当てに来る人もいるほどです。
画像


 「マツムシソウ」、一度見たら忘れられない花型で人気があります。多年草のようですが越年草(2年草)で種を付けると枯れます。
画像


 「ミヤマウスユキソウ」、キク科ウスユキソウ属、全国の低山帯から亜高山帯にかけて分布します。
画像


 「ナギナタコウジュ」、シソ科 ナギナタコウジュ属の1年草です。花が1方向に揃って咲くのが特徴です。
画像


 「ネバリノギラン」、キンコウカ科ソクシンラン属、ノギランに似ていますが花穂を触ると粘ります。
画像


 「ノアザミ」、キク科アザミ属の多年草、北海道を除く全国に分布します。霧ヶ峰には各種のアザミ類が咲いています。
画像


 「ノコギリソウ」、キク科ノコギリソウ属、細いノコギリ状の葉があることからノコギリソウと呼ばれます。
画像


 「ノコンギク」、キク科シオン属、山野に普通に見られる多年草です。色の濃淡には幅がありこれは淡い青紫色です。
画像


 「ツリガネニンジン」、キキョウ科ツリガネニンジン属、釣鐘の様は小さく可愛らしい花を輪生させます。
画像


 「ウメバチソウ」、ユキノシタ科ウメバチソウ属の多年草、花形が梅鉢紋に似ているのでこの名があります。
画像


 「ウメバチソウ」、端正な花が魅力でこの花を目当てに登る人もいるほどです。秋の訪れを知らせる花でたくさん咲いています。
画像


 「ウメバチソウ」、単独で咲くことも多いですがこのようにまとまって咲いているものもあります。
画像


 「ワレモコウ」、バラ科ワレモコウ属、花の長さは1.5〜2pの穂状になります。地味な花ですが茶花としても使われます。
画像


 「ヤマハハコ」、キク科ヤマハハコ属の多年草、茎に綿毛が密生しています。
画像


 「ヤマラッキョウ」、ヒガンバナ科ネギ属、花茎の先に紅紫色の小さな花を多数まとまってつけます。ニラの匂いがかすかにします。群生はしませんが数は多いです。
画像


 「ヤマトリカブト」、キンポウゲ科トリカブト属、霧ヶ峰には葉が3裂するツクバトリカブトもあります。
画像


 「ヤマウド」、ウコギ科タラノキ属、標高の低いところでは大きくなりますが山の上のウドは30pにも満たない大きさです。
画像


 「ヨモギ」、キク科ヨモギギク族、山野で普通に見れれるモチグサです。
画像


 「ヨツバヒヨドリ」、キク科フジバカマ属の多年草、フジバカマに似ていますが葉が3〜5枚葉が輪生します。
画像


 「ヨツバヒヨドリ」、車山では群生しています。この時期最も多く見られる花の一つです。
画像


 夏の花が少し残り秋の花が盛りですが山はすでに秋の気配が漂い間もなく山野草は眠りにつきます。この日の朝8時ごろは山頂に人影はなく気温も10℃に届かなかったと思います。明日は八島ヶ原湿原の花をを紹介の予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます
短い期間、一生懸命さいてますね
平地ではイタドリ、今盛りです
マツムシソウ、ハナイカリ興味ありますね
すーちん
2017/09/06 07:24
すーちんさん、おはようございます
2000m近い高原では植物が成長できる時間は短いです。1年では花を咲かせるまで成長できません。そのため山野草には多年草が多いのです。マツムシソウ、ハナイカリは今最盛期でたくさん咲いています。
楽老
2017/09/06 07:38
riverさん、こんにちは。。。
車山、この時期でもたくさんの花が楽しめるんですね。
そして”アキノキリンソウ”花房が大きくふくよかに咲いてますね。
”ハナイカリ”は私はまだ見た記憶がない花です。
花の山、気温が低く爽やかで快適なハイキングが楽しめたのではないでしょうか。
佐久良 爽
2017/09/06 11:22
佐久良爽さん、こんにちは
この日車山は霧で見通しが悪く花の撮影もうまく行きませんでした。歩きながらちょっと立ち止まって撮るのでピンボケになってしまいました。紹介できる写真が少ないのがちょっと残念です。
この花はたぶんキリガミネアキノキリンソウだと思います。車山にはいたるところでハナイカリが咲いています。いやでも目に入るほど数が多いです。
早朝の気温が低い時ですから少し汗ばむ程度で歩けました。またこの日は杖を使わずに歩きました。
楽老
2017/09/06 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
車山の花 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる