楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017・9月の園芸その3

<<   作成日時 : 2017/09/03 06:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 6

 快晴で涼しい朝です。今日はフリチラリア・インペリアルの球根保管の失敗の話です。フリチラリアは毎年栽培していますが夏越しの難しい球根です。それでも何とか昨年までは保管できたのですが今年は失敗しました。ユリ科バイモ属の多年草でバイモやクロユリの仲間ですがもっとも大型です。

 「保管していた球根」、右端の1球を除いて3球がだめになりました。
画像


 「腐敗した球根」、単に腐敗したのではなく小さな虫が食べたようで穴が開いています。
画像


 「鉢と鉢底石」、30pプラ鉢、軽石・ゼオライト
画像


 「培養土」、市販の球根用培養土です。
画像


 「肥料」、こちらは市販の球根用肥料です。
画像


 「培養土と元肥」、培養土を入れて元肥を入れたところです。
画像


 「球根」、唯一無傷で助かったものです。外皮の無い裸球根ですので乾燥保管は出来ません。
画像


 「発根の状態」、すでに根が伸びだしています。
画像


 「位置決め」、オーソサイド水和剤で30分消毒後植え付けます。
画像


 「植え付け完了」、5pほど覆土して完了です。
画像


 「フリチラリア・インペリア」、今年4月の花です。
画像


 フリチラリアの球根の保管は発泡スチロール箱に入れた少し湿らせたバーミキュライトに埋め込んで冷暗所に置く方法です。上手く夏越しができる時と今回の様に失敗する時があります。未だに夏越しの方法が確立できずにいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
難しい植物や育成を始めて間もない植物などの保管は大変ですね。
時には腐ったり、虫に食われたり・・・
これをクリアーする事がまさに園芸術なんでしょう。
信徳
2017/09/03 06:38
信徳さん、19年前にオランダのキューケンホフで最初にこの花を見ました。その数年後この花の球根を見つけて植えてみたのですが1年目はきれいに咲くのですが2年目は溶けてしまいました。当時の園芸書には2年目以降は諦めなさいと書いてありました。以来色々試みて今の方法にたどり着いたのですがごらんの通りです。途中で開けて確かめれば良かったと思っています。殺菌だけでなく殺虫も考えねばなりません。
楽老
2017/09/03 07:11
お早うございます
掘りあげた球根管理難しいですね
フリチラリア来春立派な
花が見られると嬉しいですね
すーちん
2017/09/03 07:44
すーちんさん、おはようございます
裸球根の管理は乾燥させないようにするのがコツなのですが水分が多すぎてもだめなのです。鉢のまま管理することもやってみましたがうまく行きませんでした。残ったものは開花すると思いますが補充するかどうか迷っています。
楽老
2017/09/03 07:53
この夏の天候不順のためかと思ったのですが、虫に食われましたか。保管する場所に工夫が必要ですね。
長さん
2017/09/03 09:34
長さん、天候不順のためでもありますが虫が入っていました。発泡スチロール箱は密閉タイプなのでどうして入ったのか分かりません。冷暗所が良いのですがこうした場所はなかなか見つかりません。昨年は同じ方法でうまく行ったのですが‥。
楽老
2017/09/03 09:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017・9月の園芸その3 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる