楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤城山の花2017・8月その2

<<   作成日時 : 2017/08/13 06:18   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 4

 昨日は孫を連れて群馬歴史博物館を見に行ってきました。今日は孫たちと1泊で四万温泉に出かけます。昨日に続き赤城山で出会った花の紹介です。

 「ウツボグサ」、シソ科ウツボグサ属、花穂の形が弓矢を入れる靫(ウツボ)に似ていることによります。
画像


 「マルバダケブキ」、キク科メタカラコウ属の多年草。頭花の径は8p内外、フキのような葉を付けます。赤城山では良く見る花です。まだ咲き初めです。
画像


 「ノリウツギ」、アジサイ科アジサイ属の落葉 低木。枝の先に白色の小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花が混ざります。
画像


 「ノリウツギ」、少しピンクの花もあります。
画像


 「コキンレイカ」、別名:ハクサンオミナエシ、オミナエシ科オミナエシ属、岩場や砂礫地に 生えています。
画像


 「ジョウシュウオニアザミ」、アザミにキアゲハが止まっていました。
画像


 「ヒメシロネ」、シソ科、葉の付け根に白い花を数個ずつ付けます。目立たない花です。
画像


 「ツリガネニンジン」、キキョウ科、釣鐘状の花を輪生させて咲きます。これからたくさん咲きます。赤城には白花もあります。
画像


 「ニガナ」、キク科ニガナ属、5月ごろから咲き始める花期の長い花です。白い花もあります。
画像


 「キンミズヒキ」、バラ科キンミズヒキ属の多年草、北海道、本州、四国、九州に分布し、低山、山地の道ばたや原野にふつうにみられます。
画像


 「ワレモコウ」、バラ科、暗紫色の丸い集合花を付けます。
画像


 「クガイソウ」、ゴマノハグサ科クガイソウ属、輪生葉が幾重にも重なっています。小さな 紺色の花を穂の様につけます。
画像


 「ナツグミ」、グミ科グミ属、野生のグミで実が小さいですが透き通るような真っ赤な実が奇麗です。
画像


 「チダケサシ」、ユキノシタ科 チダケサシ属、本州・四国・九州に分布する多年草、 アスチルベの仲間です。
画像


 「シュロソウ」、ユリ科シュロソウ属、高く立った花茎に暗紫色の花をたくさんつけます。
画像


 「ヤマオダマキ」、キンポウゲ科オダマキ属の多年草。黄花と茶褐色のものとあります。
画像


 「コメツヅジ」、ツツジ科ツツジ属、大変小さな白い花をつけます。赤城では最も遅く咲くツツジです。
画像


 「コバギボウシ」、キジカクシ科 リュウゼツラン亜科 ギボウシ属の多年草
画像


 「ジョウシュウオニアザミ」、キク科アザミ属、群馬・新潟の山地に生える多年草
画像


 「ヤマハギ」、マメ科ハギ属、秋の七草の一つ
画像


 「シシウド」、セリ科、大型の花ですからどこにあっても目立ちます。赤城には群生地もあります。
画像


 「フウロソウ」、フウロソウ科フウロソウ属 の多年草、ハクサンフウロより落ち着いた雰囲気があります。タチフウロのようです。花の色にはピンクから白まで幅があります。
画像


画像


画像


 2日間で40種以上紹介しましたがもちろん赤城山の山野草はもっとたくさんあります。各山により咲く花の種類が違います。もっとも花の種類が多いのは地蔵岳なのですが次第に花の種類が減ってきているのが気がかりです。以前見られたミズチドリ、ジョウシュウアズマギク、ヤナギランなどが見られなくなりヨツバヒヨドリも激減しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます
吾亦紅、ツリガネニンジン
近くの土手でも咲き始めて
るでしょう、秋ですね〜
すーちん
2017/08/13 07:10
すーちんさん、おはようございます
例年なら猛暑のころですが今年はジメジメした天気が続いています。山は一足早く秋の気配です。ススキの穂が風になびきアキアカネがたくさん飛んでいました。
楽老
2017/08/13 09:39
多くの花が見られましたね。
ウツボグサは青紫から赤紫まで色の変化があるようですが、色の差は生育地の条件なのでしょうね。
ハクサンオミナエシ、先月の野反湖で初めて見た花です。
長さん
2017/08/13 09:53
長さん、1度の山歩きで30種以上の山野草が見られれば一応満足です。ただここは何度も歩いています。どこに何があるかほぼ分かっているので40種以上になりました。今年もまた会えたねとあいさつしながら見て回ります。でも植物園やオープンガーデンではないので都合よく花は咲いていませんから歩き回りながら足で稼ぎます。ハクサンオミナエシは草津の元白根山にたくさん咲いています。
楽老
2017/08/13 10:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤城山の花2017・8月その2 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる