楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 八間山の花

<<   作成日時 : 2017/06/06 05:50   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6

 6月3日に野反湖畔の八間山を歩いてきました。その登山道で見た花です。野反峠から八間山の往復だけの限られた所しか歩きませんでしたので数は少なかったです。

 「イワカガミ」、イワウメ科イワカガミ属、葉につやがあって光るので岩鏡です。ピンクの花がたくさん咲いています。
画像


 「シラネアオイ」、キンポウゲ科シラネアオイ属、1属1種の日本の特産です。
画像


 「ムラサキヤシオツツジ」、ツツジ科ツツジ属、濃い紫の色です。
画像


 「トウゴクミツバツツジ」、ツツジ科ツツジ属、3枚の葉が付くミツバツツジの仲間です。
画像


 「トウゴクミツバツツジ」、オシベが10本あるのが特徴です。ミツバツツジは5本です。
画像


 「ミツバオウレン」、キンポウゲ科オウレン属、山頂付近で一面に咲いています。
画像


 「ミツバオウレン」、花弁状の純白の5萼片が良く目立ちます。
画像


 「ヒメイチゲ」、キンポウゲ科イチリンソウ属、5枚の白い萼片を持つ小さな植物です。花は1pほどです。
画像


 「ショウジョウバカマ」、ユリ科ショウジョウバカマ属、たくさん咲いています。花の色は濃淡様々あります。
画像


 「ショウジョウバカマ」、花期の長い花ですがこの花は終盤です。
画像


 「ナエバキスミレ」、スミレ科スミレ属、苗場山にたくさんありますが八間山にもたくさんあります。
画像


 「マイヅルソウ」、ユリ科マイヅルソウ属、ハート形の葉が特徴です。
画像


 「マイヅルソウ」、茎の先に白い可愛らしい花を付けます。
画像


 「エンレイソウ」、ユリ科エンレイソウ属、大きな葉の上に黒茶色の小さな花を付けます。
画像


 「コバイケイソウ」、ユリ科シュロソウ属、通常は湿った湿原に生える大型の多年草ですが登山道に生えていました。
画像


 「フモトスミレ」、スミレ科スミレ属、大変小型のスミレです。
画像


 「キジムシロ」、バラ科キジムシロ属の多年草、黄色の花が良く目立ちます。
画像


 「イワナシ」、ツツジ科イワナシ属、日本海側に分布する植物です。谷川岳でも見ました。
画像


 「サラサドウダン」、ツツジ科サラサドウダンツツジ属、日当たりの良い林内に生える落葉小高木です。
画像


 「コヨウラクツツジ」、ツツジ科ヨウラクツツジ属、枝先に濃紅色のひときわ小さいつぼ型の花を付けます。
画像


 「アズマシャクナゲ」、ツツジ科ツツジ属、花は淡紅色ですがつぼみは濃いピンクです。
画像


 「アズマシャクナゲ」、花の色は個体差が大きいです。
画像


 「アズマシャクナゲ」、優しい色の花です。
画像


 「ミネザクラ」、別名:タカネザクラ、バラ科サクラ属、亜高山帯に咲くサクラです。
画像


 「オオカメノキ」、スイカズラ科ガマズミ属、別名:ムシカリ、葉が楕円形で亀の甲羅に似ているのでこの名前があります。
画像


 「レンゲツツジ」、ツツジ科ツツジ属、標高の低い所では満開ですがまだつぼみです。
画像


 「マンネンスギ」、ヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属、杉と名前が付きますがシダ植物です。
画像


 「マンネンスギ」、茎は地中を這い地上に出ますがこのように地上を這うこともあります。。
画像


 今回は山野草にはまだ少し早かったのと登山道だけでしたから数があまり多くはありませんでした。他にもウラジロヨウラクやミヤマヤナギなども見ましたが省略しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます
見過ごしてしまいそうですが
色々と咲いてるんですね〜
コバイケイソウは花ですか
すーちん
2017/06/06 08:14
すーちんさん、おはようございます
山歩きの楽しみの一つは山野草を見ることです。まだ少し早かったですがこれからたくさん咲き出しますよ。今でも20〜30種ぐらいに山野草を見つけることは難しくありません。
コバイケソウは円錐状の白い花を付けます。ただしこの花は数年に1度しか咲きません。群生して咲くと見事です。
楽老
2017/06/06 09:42
野反峠から八間山まで、往復で2時間半くらいでしょうか。限られたところと仰いますが、山野草の豊富さが見て取れます。
ノゾリキスゲが咲く頃が良さそうですが、7月末頃でしょうか。
長さん
2017/06/06 10:50
長さん、ガイドブックでは登り1時間半、下り1時間のあります。ですからこの時間で歩いたと言うことです。花があれば立ち止まって撮りますので腰を下ろして休むことはありません。私の基準では1回で30種類以上見つけられれば多いとしているので今回は少ないとしました。
ノゾリキスゲは年により多少の差はありますが7月下旬に見ごろを迎えます。
楽老
2017/06/06 11:38
下を見るとシラネアオイ、イワカガミの群生
上を見るとツツジ群が咲き出して野反湖の春ですね。
これから楽しめる野反湖、暫く行っていませんが
また行って見たいです。
信徳
2017/06/07 06:04
信徳さん、野反湖にも遅い春がやって来ました。8万株のシラネアオイの群生は圧巻です。イワカガミは踏みつけないように注意するほどたくさん咲きます。ただ観光バスが来るようになったので週末は避けたほうが良いようです。
楽老
2017/06/07 07:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
八間山の花 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる