楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017・6月の園芸その2

<<   作成日時 : 2017/06/13 06:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 6

 今朝は曇り空で霧雨が降っています。今年もプリムラ・シネンシスの採種と播種を行いました。シネンシスは多年草ですが夏の蒸し暑さは苦手です。ですから毎年自家採取して播種をすることにしています。放っておいたのでは種が出来ませんからピンセットで自家受粉させます。

 「採取」、6月4日に採種しました。
画像


 「種の取り出し」、袋状の中に種が入っているので取り出したところです。
画像


 「ジベレリン処理」、5ppmの水溶液をティッシュに浸み込ませてその上に種を播きます。
画像


 「サランラップで蓋」
画像


 「発根」、6月11日、ジベレリン処理を開始して1週間で発根しました。
画像


 「播種」、種まき培土に適当にばらまきます。サランラップで覆いをして乾燥を防ぎます。
画像


 「プリムラシネンシス」、3月に咲いた時の花です。
画像


 ここからはチューリップ球根の堀上げの様子です。

 「堀上げ前」、6月2日、品種は原種系の’ファッション’です。原種系は地植えで植え放しですがこれは鉢植えです。
画像


 「堀上げ」、球根は良く増えるので大きさによって3つに分けました。左の球根は来年花を付けます。中央の小球は花を付けません。右は中間で肥培すれば花を付けるようになります。
画像


 「消毒中」、プロサイド水和剤で30分以上消毒します。その後乾燥させては存します。
画像


 「堀上げ前」、6月5日、プランタの数は12個と大きなプランタ1個で品種の数はおよそ30種です。
画像


 「消毒中」、これで半分です。
画像


 「保存中」、山野草棚の下に吊るして秋の植え付けまで保存します。
画像


 プランタで育てても何年も花を咲かせることが出来ます。浅植えにすると分球しやすくなりますから出来るだけ深植えにします。分球して小さくなった球根は花を付けませんから廃棄するか地植えにして肥培すれば再び花を楽しむことが出来ます。1回だけ花を楽しむのであれば肥料はあまり必要ありませんが何年も楽しむには球根用肥料が必要です。4年以上プランタで栽培しているものもあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
まだまだ色々咲いて楽しいですね。
昨晩雨が降ったのも知らないでユックリ眠ることが出来ました。空を見るとドンヨリ曇り空、雨に期待です。
プリムラの種を採って蒔かれたんですね。
数年前はプリムラ大好きで庭一面咲かせたことも有りました。今は一株も有りません。
信徳
2017/06/13 07:10
信徳さん、おはようございます!
次々に咲く花も今朝は雨に打たれて重そうです。
今回のものはプリムラ・シネンシスです。プリムラ・マラコイデスも種を採ろうと様子を見ていたら妻が全て抜き取って捨ててしまいました。今回の播種の方法はサクラソウと同じやり方です。サクラソウの実生をやらなくなってしまったので応用しました。昨年、一昨年の株がまだ残っていますので少しだけ播種しました。
楽老
2017/06/13 07:30
お早うございます
シネンシス以前多年草という事で
植えましたが、
矢張り夏越せませんでした
すーちん
2017/06/13 07:56
すーちんさん、おはようございます!
シネンシスは確かに多年草です。でも日本の暑い夏は苦手です。私は2年前の株も未だありますが株が弱ってあまり元気ではありません。ですから新たに種を播いた方が楽に夏が過ごせます。エーデルワイスなども同じです。
楽老
2017/06/13 08:48
プリムラ・シネンシスも日本サクラソウと同様な増やし方をされているのでしょうか。ジベレリンというのは発芽促進剤のようですね。
長さん
2017/06/13 11:39
長さん、その通りです。通常、苗を購入して育てるか花付きの株を購入して育てますが夏越しに失敗することが多いようです。種は秋播きです。ジベレリン処理をして休眠打破を行えばサクラソウと同じようにすぐに発芽させることが出来ます。ジベレリンは種なしブドウを作る時に使うものです。雪割草にも使いますが休眠打破は出来ません。しかし双葉の時に散布するとすぐに本葉が出て開花を1年短縮できます。
楽老
2017/06/13 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017・6月の園芸その2 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる