楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家のヤマアジサイその2

<<   作成日時 : 2017/06/11 05:47   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6

 今日もヤマアジサイの一部の紹介です。今年は管理不良で冬に寒風に当て枝枯れを起こさせてしまい花付きが悪くなってしまいました。またラベル落ちがいくつも出てしまい品種名が分かりません。不明花を載せるわけにも行きません。とりあえずわかるものだけにしました。

 「津江の幻」、06026 淡青または淡桃で底淡青、円弁一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ×コガクウツギ自然雑種、大分・中津江村
画像


 「ツシマ」、01503 淡青剣弁一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、長崎
画像


 「桃色ヤマ」、01859 桃色、円弁一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ東日本型、静岡・天竜川
画像


 「紅デマリ」、01732 紅一重、テマリ咲き、咲き初めは白、ヤマアジサイ西日本型、産地不明
画像


 「富士の滝」、01708 円弁で重ね厚い八重テマリ・半テマリ咲き、矮性種、ヤマアジサイ東日本型、静岡・富士山
画像


 「大虹」、01147 円弁虹色、紅紫底青、円弁一重額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、愛媛・小田
画像


 「伊予獅子テマリ」、01065 装飾花がくす玉の様、青一重、小型テマリ咲き、ヤマアジサイ西日本型、愛媛
画像


 「耶馬渓白てまり」、01874 白一重テマリ咲き、ヤマアジサイ西日本型、大分
画像


 「夕姫」、01891 ピンク剣弁ナデシコ弁一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、広島
画像


 「伊予絣」、01058 藤紫円弁白の絞り一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、愛媛
画像


 「ねじれ葉」、01100 青一重小輪、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、八王子の愛好家が’岩ガク’の名で栽培していた。来歴不明
画像


 「ピクシー桂の藍姫」、05208 紫白色に青みがかった紫の絞り、円弁一重、テマリ咲き、園芸アジサイ、京都府立桂高校
画像


 「花吹雪」、01617 大型の爽やかなブルーのテマリ、淡青一重、大きなテマリ咲き、剣弁ナデシコ弁、ヤマアジサイ実生、藤井清氏が1980年作出、1888年(明治2年)に日本からイギリスに渡った’グレイスウッド’の実生。
画像


 「虹の谷」、01592 紅と青の複色、虹色剣弁一重、額ブチ咲き、ヒュウガアジサイ、宮崎
画像


 「伊予桜」、01062 白からピンク、円弁一重額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、愛媛
画像


 「五つ星」、01049 白に見える厚みのある五弁の花、五弁星形一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、山口・大和町、ヤマアジサイとガクアジサイの中間のような形態です。
画像


 「鉢伏テマリ」、01610 濁りの無い青のテマリ、装飾花に大小がある、青で咲き初め底白、剣弁一重、テマリ咲き、ヤマアジサイ西日本型、兵庫・美方郡鉢伏山
画像


 「つくし紅」、01502 紅色一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、福岡
画像


 「みやび」、01838 弁の間隔が広く空いた3弁4弁5弁、淡青細弁一重十字形、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、鳥取・大山
画像


 「阿蘇山」、01025 紅色一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、熊本
画像


 「済州島」、01299 青に白絞り円弁一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ韓国型、韓国・済州島
画像


 「金玲」、01214 白一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ東日本型、静岡
画像


 「五家荘」、06016 ピンク円弁一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ×コガクウツギ自然雑種、熊本・五家荘
画像


 まだ未掲載がたくさんありますがひとまずヤマアジサイは終わりにします。ガクアジサイや園芸アジサイ、その他のアジサイ類も近く紹介できると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
てまり咲き、額縁咲き・・・って言うのが分かりました。
色も白、青、ピンクと有りますが一般のアジサイに比べると花は小型で色は地味なんですね。
このところがヤマアジサイの魅力なんでしょうね。
信徳
2017/06/11 05:56
信徳さん、おはようございます!
鮮やかなピンクになる’クレナイ’が今年は未だ色が付きません。ヤマアジサイはガクアジサイに比べると木も花も小型です。ですから鉢植えで手軽に楽しめます。鉢花、盆栽風、寄せ植えなど様々に楽しめます。地味で渋い所が日本人好みなのかもしれませんね。
楽老
2017/06/11 06:24
お早うございます
期待の雨がなかなか降りません
ヤマアジサイだけでも
水遣りは欠かせませんね
園芸種とは違った魅力有りますね
すーちん
2017/06/11 07:13
すーちんさん、おはようございます
今日も雨は降りそうもありません。アジサイは水を欲しがるので朝晩の水やりが必要です。アジサイの鉢だけでもおよそ400鉢あります。微妙な色合いはわびさびに通じるものがあります。
楽老
2017/06/11 07:21
アジサイは、落葉してしまいますから、ほっらかしでも良いのかと思いきや、冬の管理も必要なんですか。
長さん
2017/06/11 09:44
長さん、地植えのアジサイは放置しても大丈夫です。鉢植えは冬季にも乾燥しますので水やりが必要です。水切れも気になりますが群馬は空っ風の本場です。この寒風が当たるとヤマアジサイは枝枯れを起こします。ヤマアジサイはガクアジサイや園芸アジサイと違い旧枝に花を付けます。しかもヤマアジサイの枝は細いので枝枯れしやすいのです。枝が枯れても根元から新芽が出ますがこれには花が付きません。当地では冬場の寒風対策(防風ネットなど)が必要です。
楽老
2017/06/11 10:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家のヤマアジサイその2 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる