楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家のヤマアジサイその1

<<   作成日時 : 2017/06/10 05:35   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 8

 紹介が遅れましたが今日は家にある山アジサイの一部の紹介です。ヤマアジサイは古来、関東・東海以西の本州、四国、九州から屋久島さらに朝鮮半島南部に自生するアジサイです。ガクアジサイや品種改良した園芸アジサイのような派手さはありません。

 「伊予の盃」、01078 浅い盃状の装飾花、淡青一重小輪、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、愛媛
画像


 「剣の舞」、01509 細弁が幾重にも重なった装飾花、淡青細弁八重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、高知・徳島境・剣山南麓
画像


 「白ヤマ」、01382 両性花・装飾花ともに白、ヤマアジサイ東日本型、東日本
画像


 「伊予白」、01068 鋸歯の大きなナデシコ咲き、純白一重大輪、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、愛媛
画像


 「井内絣」、01040 淡い複色花に白の絞り、淡青〜ピンクに白絞り一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、愛媛・井内川付近
画像


 「七段花」、01348 尖ったガク片が重なった八重花、淡青の剣弁八重、額ブチ咲き、両性花は脱落、ヤマアジサイ西日本型、兵庫・六甲山
画像


 「虹」、01589 四角くピンクと紫の複色花、ピンクで底青の複色花一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、愛媛
画像


 「村娘」、01855 弁は重ならず隙間がある、紫紅色一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、鳥取・大山
画像


 「深山八重紫」、01843 濃い青の八重花、濃青〜濃紫、剣弁重ねの厚い八重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、京都・美山町堀越峠
画像


 「祖谷テマリ」、01054 白くふっくらとした十文字、純白円弁一重テマリ咲き、ヤマアジサイ西日本型、徳島・祖谷の谷、本来はテマリ咲きですがこれはガクブチに咲いています。
画像


 「防長の暁」、01750 赤紫一重大輪、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、山口
画像


 「清澄沢」、01210 白地に紅覆輪、白花紅覆輪一重大輪、額ブチ咲き、ヤマアジサイ東日本型、千葉・清澄山
画像


 「マイコ」、01772 明るい青の球形花、淡青一重、小型のテマリ咲き、ヤマアジサイ西日本型、三重・美杉村
画像


 「青覆輪清澄沢」、05004 白に青覆輪、一重、額ブチ咲き、園芸アジサイ、ヤマアジサイの園芸種です。
画像


 「土佐の暁」、01548 緑から濃い紅・レンガ色、幅広剣弁一重、額ブチからテマリ咲き小型品種、ヤマアジサイ西日本型、高知
画像


 「日向紅」、01677 次第に鮮紅、円弁一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、宮崎、半テマリに咲きました。
画像


 「木曽変化」、01192 青一重、額ブチ咲き、ヤマアジサイ西日本型、長野
画像


 「佐橋の荘」、02055 底白瑠璃色、一重四角形、額ブチ咲き、エゾアジサイ、新潟県十日町
画像


 愛好家の間でヤマアジサイと言う場合は植物学上のヤマアジサイの他にエゾアジサイ、コガクウツギ、ヤマアジサイとコガクウツギの自然交配種などを含みます。エゾアジサイは北海道から石川県までの日本海側の雪の深い所に分布します。ヤマアジサイの変種とされていますがDNAの分析ではガクアジサイに近いと言われています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
清楚な感じのするヤマアジサイ
風情が有って良いですね。
梅雨になって雨が降ればなお一層風情を感じるのでしょう。アジサイ、ハナショウブなど雨が欲しいものです。
ここでも一部の東日本産が見られましたが殆どが西日本、四国産なんですね。
信徳
2017/06/10 06:51
信徳さん、ヤマアジサイは花も小さく素朴なアジサイです。大きな園芸アジサイを見慣れていると物足りないかもしれません。
東日本型は清澄沢、クレナイ、桃色山などを除いてはほとんどが白です。まだいくつか紹介していない東日本型がありますが色の豊富な西日本型が圧倒的に多いです。
楽老
2017/06/10 08:05
おはようございます。
それにしても山アジサイは変化に富んでいて驚きます。
生育する地域によって色の変化が大きいのも不思議です。
これらの品種を使って園芸種が作られたんですね。
佐久良 爽
2017/06/10 08:51
佐久良爽さん、おはようございます。
ヤマアジサイは変異体が多く千変万化と言えるほどです。現在知られている品種はおよそ1000種類ですが今でも毎年新しい花が発見されています。ヤマアジサイは古来日本には有ったものですがごく一部を除き関心を持たれなかったです。関心がもたれるようになったのは昭和の終わりごろからだと思います。
欧州には日本の様なアジサイはありませんでしたから日本のヤマアジサイ、エゾアジサイ、ガクアジサイ、ヒメアジサイをもとの盛んに品種改良がなされました。これがハイドランジア、西洋アジサイと呼ばれ大量に逆輸入されました。それ以来日本人にもアジサイに関心を持つ人が増えてきました。
楽老
2017/06/10 10:29
私にはヤマアジサイとガクアジサイの見分けは出来ませんが、昨日のウォーキングで何種類か撮ってきました。
今見たら、葉に光沢があるのでガクアジサイなのでしょう。
長さん
2017/06/10 11:25
長さん、ヤマアジサイは葉が細くつやがありません。茎も細いです。花は小型です。ガクアジサイは葉が広くつやがあります。葉が広く薄くつやが無い茎が太いのがヒメアジサイです。葉が広くつやが無く茎が細いのはエゾアジサイです。これは一般論でどっちつかずの中間型もあります。数多く見るしかないですね。
楽老
2017/06/10 12:38
今晩は
ヤマアジサイ、日本を代表する
花の一つですね
素朴さが良いですね
すーちん
2017/06/10 20:40
すーちんさん、こんばんは
ヤマアジサイはごく身近にある植物で大量にあるのであまり関心を持たれてきませんでした。一部甘茶の材料として栽培されていました。熱心に日本のヤマアジサイを収集して研究したのはコリン・マレーなど外国人です。
楽老
2017/06/10 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家のヤマアジサイその1 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる