楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍泉寺とニッコウキスゲ

<<   作成日時 : 2017/05/19 05:25   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 8

 今日は朝からよく晴れています。昨日は午前中は雨が降っていましたが午後には晴れてきましたので急遽熊谷市の龍泉寺に向かうことにしました。正式名は少間山観音院龍泉寺(さやまさんかんのんいんりゅうせんじ)と言います。渡辺崋山ゆかりの寺で真言宗豊山派の寺です。この寺の裏山の観音山には今、低地ニッコウキスゲが咲いています。

 「山門」、天保4年創建
画像


 「仁王門」、天保3年(1832)創建
画像


 「観音堂」、左に鐘楼明治初年、中央に観音堂延享4年(1747)、右に水屋明治14年です。
画像


 「聖観音像」、高さ10m
画像


 「山頂の石碑」、観音山の標高は82mです。「富士講と御嶽講」の記念碑です。
画像


 「木花開耶姫命」、富士山本宮浅間大社の祭神です。
画像


 「低地ニッコウキスゲ」、狭山(通称観音山)の北斜面の裾に咲いています。1時盗掘に寄り数を減らしたようですが保護により大分回復したようです。
画像


 ブログ仲間の佐久良爽さんの情報により訪れましたが何とも不思議な光景です。
画像


画像


画像


画像


 「ヤマユリ」、まだ咲いていませんが何本もありました。
画像


 ニッコウキスゲ(ゼンテイカ)は尾瀬や霧ヶ峰など高地に咲くイメージですが観音山のような低山に咲くものは低地ニッコウキスゲと呼ばれます。東京の府中の浅間山に咲くものはムサシノキスゲと呼ばれ花形が少し違うので変種とされます。観音山に咲くものはまさしくニッコウキスゲですが開花時期が5月で2か月ほど早いです。なぜここに自生するのかは専門家でもわからないようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
黄色が爽やかなキスゲですね。
尾瀬のニッコウキスゲ、野反湖のニッコウキスゲなど見に行った事がありますが都会にもあるのですね。
信徳
2017/05/19 06:14
おはようございます。
早速、植物に詳しいriverさんに”低地ニッコウキスゲ”を見て頂き、ありがとうございます。
生育場所が良く分からないかと思いましたが、すぐにお分かりになったようですね。
この時期に埼玉の低地に”ニッコウキスゲ”が咲く、という植物の生態の不思議に私も大いに興味を引かれました。

観音山の頂上の石碑については、知識の乏しい私としては良く分からなかったのですが、冨士講の記念碑と分かっただけでもスッキリしました。。。
佐久良 爽
2017/05/19 07:15
お早うございます
もう咲き出してるんですか
府中、浅間山の、そんなに
有名なんですか(住宅地の中に
在るんですよ、)
すーちん
2017/05/19 08:01
ムサシノキスゲはここよりもっと低い土地ですよね。そこに変種が存在していると言うことは、平均気温が今より低い時期、ゼンテイカが関東に広く分布していたということが想像されます。次第に温暖になり、一部地域に適応したものだけが残ったのではないか、そんな研究はされていないのでしょうか。
長さん
2017/05/19 13:59
信徳さん、ニッコウキスゲは高所に咲くイメージですよね。ところが市街地のすく近くに咲くニッコウキスゲあるのがなんとも不思議です。
楽老
2017/05/19 15:55
佐久良爽さん、今日は天気が良いので伊香保森林公園を歩いてきました。ツツジを見たいと思って行ったのですが早すぎましたまだほとんどつぼみでした。それでも5時間40分以上の山歩きを楽しんできました。
 案内をしていただけるとのことでしたが急遽行くことにしたもので済みませんでした。生育場所は迷うことなく一直線で向かいました。こういうことは私の感が働きます。
情報をいただき感謝申し上げます。
楽老
2017/05/19 16:04
すーちんさん、こんにちは
浅間山のムサシノキスゲは興味のある人には有名なところですよ。私も随分前から知っているのですが未だに見る機会がありません。
楽老
2017/05/19 16:08
長さん、仰る通りです。氷河期の生き残りと言われるような植物が高山に細々と生育しているのは良く知られています。エゾカンゾウなどは寒い所では低地でも咲きますね。温暖化により高地に追いやられたと言うのは説得力があります。それでもこの場所に自生する理由は良く分かりません。
楽老
2017/05/19 16:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
龍泉寺とニッコウキスゲ 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる