楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017・我が家のツバキその2

<<   作成日時 : 2017/04/09 05:36   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 11

 庭の桜が満開になりました。すでに3月26日に我が家のツバキについては紹介しました。その後に咲いたものや以前から咲いていて重複するものもあります。1部は省略して紹介です。

 「加茂本阿弥」、純白、一重、椀咲、太筒蕊、中輪、早春咲、三倍体、古種(関西)
画像


 「春の台」、白・淡桃地紅縦絞、蓮華性八重、筒蕊、大輪、江戸古種、咲き分け種は様々な花が咲きます。
画像


画像


画像


 「紅荒獅子」、濃赤白斑、獅子咲、中・大輪、初秋・春咲、江戸古種、ユキツバキ系
画像


 「不明花1」
画像


 「不明花2」、白地に紅の斑が入る千重咲きです。
画像


 「トウツバキ実生」、自然実生のツバキが次々に咲き出しました。
画像


 「不明花3」、大輪のボタンのような花です。
画像


 「松笠?」、この花は乱れて咲きましたが列状花が綺麗な花です。
画像


 「不明花4」、乙女椿に似ていますがごく薄い色です。
画像


 「自然実生」、大輪の白い八重咲きですが親がどれだか分かりません。
画像


 「玉の浦」、鮮紅地白覆輪、一重、筒・ラッパ咲、筒蕊、中輪、福江島ヤブツバキ選別種
画像


 「不明花5」、乙女椿に似ていますが花弁の先がとがっています。
画像


 「白妙」、純白、宝珠・千重咲き、小・中輪、秋・春咲、ユキバタツバキ系
画像


 「乙女椿」、明桃、千重咲き、中輪、ユキツバキ系、江戸古種
画像


 「肥後椿」、日本錦、白地紅縦絞、一重、平開咲、梅蕊、中・大輪、春咲、江戸古品種
画像


 「トウツバキ」、中国・雲南省北部、四川省西南部、貴州省西部に分布、別名は雲南紅花油茶
画像


 「トウツバキ」、品種名は分かりません。
画像


 我が家のツバキは30種類以上、数十本ありますが不明花が多いのが残念です。そのほかに自然実生のツバキが無数にあり何とかしないとツバキの林になりそうです。ヒヨドリが蜜を吸うためにたくさんやって来ます。
またツバキの陰でウグイスが1日中鳴き続けています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
慈眼寺のツバキなんて問題になりません。
綺麗なツバキのオンパレードに癒されます。
ラッパ咲きの「玉の浦」が好きです。
ウグイス良いですね。
信徳
2017/04/09 05:53
信徳さん、ありがとうございます。家のツバキで最も早く咲くのは’炉開き’で9月下旬から咲き出します。次いで’初嵐’が11月ごろに咲きます。ですからずいぶん長い間楽しめるのがツバキです。’玉の浦’は発見された時は大評判になったツバキでやや小ぶりの花ですが私も好きな花です。
今日も朝からウグイスの鳴き声が聞こえています。どうやら2羽いるようで上手に鳴くのと少し変な鳴き方をするのがいます。
楽老
2017/04/09 06:13
お早うございます
凄い数の椿、見事ですね〜
玉の浦は花弁に縁取りが
有るんですね〜
すーちん
2017/04/09 07:27
すーちんさん、おはようございます。
「玉の浦」の発見は昭和22年のことです。昭和48年に長崎市で開かれた全国椿展で紹介されると大評判になり枝が折られ根が掘り返されとうとう母樹は枯れてしまいました。しかし挿し芽で育てられた苗が全国に広まりました。花弁の白の縁取りは白覆輪と言い玉の浦の魅力です。今では玉の浦の交配種が各国で作られています。
楽老
2017/04/09 07:56
椿はまだまだ元気に咲き続けているようですね。
以前の我が家にも大きな椿がありましたが、種が落ちて増えるという気配はなかったです。矢張り何本もないと増えにくいものなのでしょうか。
私も玉の浦が気に入りました。
長さん
2017/04/09 10:36
こんにちは。雨の日曜日ですね…
ツバキは様々な花が咲くんですね。
皆さんもコメントしておられるように「玉の浦」は印象に残りますね。
日本画を見るようです。。。

咲き分けの「春の台」も色々な色彩の花が見られて面白いですね。
この”キメラ”。。。
桜草でも見られますね。
佐久良 爽
2017/04/09 10:44
長さん、ツバキには毎日ヒヨドリが来て花芯に首を突っ込んでいます。これにより交配が行われ種が付きます。花後種を付けないように剪定すれば種は付けません。人工交配もやってみましたがうまく行きます。この玉の浦もすでに10年以上で大きくなりました。玉の浦は今でも人気があるようです。
楽老
2017/04/09 12:00
佐久良爽さん、こんにちは。こちらでも雨が降ったり止んだりのはっきりしない日です。玉の浦の白覆輪は時にもっと幅広く出ることもあります。ヤブツバキの中から偶然見つかったものです。
春の台の2番目の花はキメラのようですね。このような咲き方は半染めと言われ様々な植物で現れます。ツバキでは白、赤、絞りなど様々に咲き分ける品種があります。この場合は絞りの枝から挿し芽を取ります。白や赤の枝からでは元の咲き分けにはなりません。
楽老
2017/04/09 12:15
こんばんは
先日見せてくださった慈眼寺の椿よりもずっと美しい花たちです!
riverさんの日頃のお手入れの賜物ですね♪
これだけたくさんの綺麗な椿があれば、椿を見ているだけでも飽きませんね〜(*'▽')
gumi
2017/04/10 00:32
言い忘れました!
一日中ウグイスの鳴き声を聞けるなんて…本当に贅沢ですね。
20年前に弘前に越してきたころは、うちの庭にも毎年ウグイスが来て梅の木がお気に入りのようでいつも梅の木で鳴いていましたが、今では道路が拡張されたり宅地が増えて滅多に聞くことがなくなりました。寂しいですよ〜。そのころはうちにクマゲラまでやってきてビックリでしたが。
gumi
2017/04/10 00:37
gumiさん、おはようございます
ツバキはたくさんありすぎて手入れが行き届きませんがそう言って下さるとうれしいです。花が終わると剪定作業に入ります。
今日も朝からウグイスが鳴いています。上手に鳴けるようになりました。ここは田舎ですから野鳥はたくさんやって来ます。最近は住宅が増えましたが30数年前に家を建てたころは庭でキジの親子や野兎もいました。さすがに今は見れれませんが近くの河原でキジの鳴声を聞くことがあります。
楽老
2017/04/10 06:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017・我が家のツバキその2 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる