楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 慈眼寺のツバキ2017

<<   作成日時 : 2017/04/07 06:10   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 8

 慈眼寺は枝垂桜の名所でこれを目当てに訪れる人がほとんどです。慈眼寺には椿園がありおよそ100種類のツバキがあります。管理が十分とは言えず今年の花は傷んだものや開花していないものも多かったです。ラベルが付いていないものも多く付いていても名前だけなので解説を加えてみました。ヤブツバキ系が多いです。

 「岩根絞」、濃紅地白斑、八重、筒蕊、大輪、江戸古種、1859
画像


 「百合絞」、白地紅縦絞、一重、長弁、長筒・百合咲、筒蕊、中輪、春咲、1970年頃
画像


 「百合椿」、濃紅、一重、細弁ユリ咲、筒蕊、中輪、細葉、春咲、江戸古種
画像


 「月の都」、白、八重咲、乱れた筒蕊、中輪、春咲、江戸古種、1859
画像


 「明石潟」、明紅、八重、大・極大輪、春咲、江戸古種、1859、三倍体
画像


 「鶏の子」、淡桃地濃紅縦紋、蓮華性八重、筒蕊、大輪、江戸古種、1710
画像


 「初瀬山」、淡桃地濃紅の縦絞・小絞、八重、蓮華咲、筒蕊、大輪、晩春咲、江戸古種、1878
画像


 「紀州司」、桃紅地白斑、千重、大輪、遅咲、宝塚市栽培の古種(兵庫)
画像


 「崑崙黒」、黒紅、光沢弁、宝珠咲千重、中輪、春咲、埼玉、1933
画像


 「鹿児島」、濃紅地白斑、松笠状千重咲、小・中輪、松笠の斑入り種、春咲、江戸品種、1739
画像


 「荒獅子」、濃赤白斑、獅子咲、中・大輪、初秋・春咲、紅荒獅子の白斑種、江戸古種、ユキツバキ系、1879
画像


 「都の春」、濃桃、一重、平開咲、輪・梅芯、中輪、春咲、1958
画像


 「百路の日暮」、桃地紅白縦絞、八重、筒蕊、大輪、中部日暮の枝変り、愛知、1970
画像


 「大虹」、明紅地白斑、八重、筒蕊、極大輪、明石潟の白斑変異、関東、1929
画像


 「福包」、黒紅地白斑、一重、筒・ラッパ咲、筒蕊、中輪、黒佗助の斑入種、1967
画像


 「玉霞」、白地紅吹掛絞、一重、玉咲、筒蕊、中輪、秋咲、母樹不明の実生、愛知、1868
画像


 「白角倉」、純白、八重・千重咲き、中・大輪、春咲、江戸古種、関西、1847
画像


 「曙」、淡桃、一重、抱・椀咲、筒蕊、中・大輪、早春咲、ユキバタツバキ系、江戸期品種(関西)
画像


 「花車」、白・極淡紅地に紅の大小縦絞、二段咲、大輪、江戸古品種、1739
画像


 「白卜伴」、一重、唐子咲、白唐子弁、小輪、春咲、江戸古種、中部、1933
画像


 おまけ 慈眼寺境内の古墳、3基あります。ただし古墳の表示は一切ありません。増築年代等の詳しいデータがありませんので概略だけです。

 「慈眼寺A号古墳」、円墳、径20m、高さ4m、墳丘の中央がへこんでいます。
画像


 「慈眼寺C号古墳」、円墳、径20m、高さ3m
画像


 「大師堂古墳」、円墳、径10m、高さ1.5m、墳上に大師堂があります。
画像


 慈眼寺古墳は上滝・下滝古墳群の中にあります。御伊勢山古墳(下滝4号墳)、前山古墳(滝川村第2号墳)、下滝1・3号墳など10基ほどあります。いずれも人の手が加わり変形しています。また古墳の標識はありません。群馬の古墳数は1万3249基ですが現存する古墳数は2434基です。これらの多くは標識も立てられていません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
私が慈眼寺のサンシュユを見に行ったのが3月23日でした。この時に隣のツバキ園もみました。
サンシュユ、枝垂れ桜とは違って管理が悪く同じ慈眼寺のものかと疑ってしまいました。管理にはお金もかかるし大変なんでしょうね。
上滝、下滝付近にはこんもりした小さな山があります。この殆どが古墳なんですね、驚きです。
信徳
2017/04/07 06:40
信徳さん、この椿園は先代が力を入れていたと聞いたことがあります。慈眼寺は敷地も広くお寺さんも管理が大変なんでしょうね。
上滝・下滝には古墳が多く残っています。御伊勢山古墳などはかなり大きな古墳ですが標識はありません。おそらく古墳と気づかない人もいると思います。
楽老
2017/04/07 07:48
お早うございます
どの花も見事ですね〜
朽ちる花がチョッと難ですが^^
すーちん
2017/04/07 08:07
すーちんさん、おはようございます
昨年は40種紹介できたのですが今年は20種です。家のツバキも見ごろを迎えています。落花を嫌う人もいますね。
楽老
2017/04/07 08:25
檀家が減って、お寺離れはどこでも同様で、お寺の経営も楽ではないのですね。
枝垂れ桜や椿を見て、お布施を出す観光客はまれでしょう。
長さん
2017/04/07 11:18
長さん、田舎では墓じまいの話をよく聞きます。私は自分の墓と両親のお墓は春秋の彼岸とお盆には墓参りを欠かしたことはありませんが花も線香もないお墓が増えています。墓は要らないと言う人も増えています。お寺さんも大変な世の中になりました。
楽老
2017/04/07 12:01
こんばんは
解説をつけてくださっているので、図鑑を見ているようで楽しいです♪紀州司は、乙女椿とよく似ていますね。(確か、去年もそう思った気がしますが(^^;)
古墳は管理されていないんですか?
gumi
2017/04/07 20:06
gumiさん、こんはんは
紀州司は花形は乙女椿に似ていますがこちらは斑が入るところが違います。
群馬は有数の古墳県です。あまりに数が多すぎて関心がありません。巨大古墳や貴重な出土品が出た古墳は国指定や県指定や自治体の指定の古墳は管理されています。でも多くの古墳は私有地です。宅地開発や農地開発で多くの古墳が消えていきました。最近は古墳公園として整備されたところもあります。
楽老
2017/04/07 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
慈眼寺のツバキ2017 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる