楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 二本松城(霞ヶ城)探訪

<<   作成日時 : 2017/04/21 06:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 6

 4月19日、天気が大変不安定な日でしたが二本松城と会津若松城を尋ねて福島に向かいました。同行者は妻と息子です。昨年は三春滝桜と会津若松城を一人で訪れたのですが城好きの息子を誘いました。妻は前日まで乗り気ではなかったのですが朝になって突然一緒に行くと言い出しました。今日は最初の二本松城の紹介です。

 「二本松少年隊群像」、戊辰戦争二本松最大の激戦地・大壇口における少年隊の奮戦の様子を表現しています。少年隊には12歳から17歳までの隊員62名が出陣しました。
画像


 「箕輪門」、初代藩主丹羽光重が御殿と共に建てられた櫓です。主柱材料のカシの巨木が箕輪村山王寺の御神木を用いたことから箕輪門と呼ばれています。1982年(昭和57年)に復元されたものです。
画像


 「箕輪門のアカマツ」、目通り幹囲が2〜2.5m、樹高9〜12m、樹齢350年以上、樹勢は旺盛です。
画像


 「城内の桜」
画像


 「霞池」、るり池と2つの池があります。光重公時代の造園の姿を今に残す小規模な回遊式庭園です。
画像


 「洗心亭」、城内に唯一残る江戸時代の建物で光重公がこよなく愛しました。
画像


 「洗心亭からの眺め」
画像


 「霞ヶ城の笠松」、樹齢350年のアカマツで笠のような独特な姿をしています。
画像


 「洗心滝」、二合田用水の1部を利用しているようです。二合田用水は城の防備のため安達太良山麓から18キロも水を引いてきました。
画像


 「展望台から見た桜」
画像


 「少年隊の丘」、明治100年の昭和43年(1968)に命名。「二本松少年隊奮戦の図」などが建てられています。ここで戊辰戦争直前まで少年隊士が砲術を学びました。ここは新城舘跡で畠山時代の本城があったところです。
画像


 「搦手門跡」、城の裏門です。蒲生時代は掘立柱の門で加藤氏時代に礎石建ち門に変えられたものです。
画像


 「本丸跡」、室町時代は奥州探題職・畑山氏の居城。のち会津時代に蒲生氏。加藤氏により石垣で築造、天守台は作られましたが天守閣はできませんでした。1995年に修築整備され見事な石垣が復元されました。
画像


 「安達太良山」、天守台から見たところです。1700mの山頂は雲がかかり雪が見えます。
画像


 「天守台からの桜」、城山北東の桜です。
画像


 「天守台から」、天守台は標高345mほどの独立丘陵の頂部にあるため周囲を一望できます。
画像


 「本丸の石垣」、美しい曲線です。
画像


 「本丸下の野面積み石垣」、本丸南面の大石垣でこの城で最も古い時代に築かれた自然石を用いた大石垣です。
画像


 「日影の井戸」、千葉県印西市の「月影の井戸」、神奈川県鎌倉市の「星影の井戸」と共に’日本三井’と言われます。
画像


 「箕輪門の石垣」、1周して再び箕輪門です。堂々たる石垣です。
画像


 「再びの少年隊群像」、10時11分見学を終えて戻ってきました。入城時小雨がぱらつきましたが晴れて青空が見えます。
画像


 朝、8時53分に入城しておよそ1時間半の見学でした。二本松城を尋ねたのは初めてのことです。見学後寄り道をして洗心亭のスタッフの御夫人が薦めてくれた「合戦場の桜」を見に行くことにしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
鶴ヶ城は行った事がありますが二本松城は有りません。
タイミングよくサクラも咲いていて良かったですね。
城、古墳好きの人には堪らなく良かったでしょう。
信徳
2017/04/21 06:36
信徳さん、おはようございます!
私も鶴ヶ城へは何度も足を運んでいるのですが霞ヶ城は初めてのことです。会津の白虎隊の悲劇は良く知られたところですが二本松少年隊の悲劇はあまり知られていません。
1868年9月15日新政府軍の参謀・板垣退助に攻められました。主力部隊は白河城には派遣されていたため留守を突かれた形になりました。このため正規軍ではない少年隊が出陣したのです。木村銃太郎指揮下の25名が特に有名ですが奮戦空しくほとんど絶命しました。正規軍だはなかったため正式な隊名はなく二本松少年隊はのちに付けられた名前です。
楽老
2017/04/21 07:12
今日は
石垣の曲線昔の人は
良く考え出したものです
すーちん
2017/04/21 10:05
すーちんさん、こんにちは
城の石垣と言えば熊本城が有名です。熊本地震で明治以降に修復されたところが70%も壊れたのに創建当時の石垣は17%しか壊れなかったと言われています。石垣の隅の石が水平ではなく斜めになっているのが分かると思います。これにより石垣にかかる力を分散させています。現代の建築学では大変に難しい数式になるようですが昔の石垣職人は経験から割り出したのでしょうがすごい技術だと思います。美しい曲線も強度を考えた経験から生み出されたものです。
楽老
2017/04/21 11:58
私も鶴ヶ城に入ったことがあるのですが、二本松城は行ったことがありません。桜の頃でなくても、いつかは行ってみたくなりました。
長さん
2017/04/21 12:15
長さん、ここは霞ヶ城公園として整備されています。四季を通じて楽しめるようになっています。今回紹介できなかったものに旧二本松藩戒石銘碑、土井晩翠歌碑、千恵子抄詩碑などもあります。二本松ICからすぐの所にあるので時間的には近いです。
楽老
2017/04/21 13:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
二本松城(霞ヶ城)探訪 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる