楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017・4月の花その4

<<   作成日時 : 2017/04/19 05:17   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 8

 昨日も28℃を超えました急激な気温上昇に草花もついて行けません。暑さでぐったりしていました。木々は一斉に芽を吹いたようで緑が目立つようになりました。今日は我が家の草花の紹介です。

 「寄せ植え」、チューリップとムスカリの寄せ植えです。
画像


 「プリムラ・シネンシス」、昨年実生したものです。たくさん咲きました。
画像


 「バーベナ・ラナイ」、ツインスターピンクです。昨年5月孫が寄せ植えに使ったものです。
画像


 「バーベナ・ラナイ」、ツインスターバイオレットです。花が終わった後鉢に植えて越冬させました。
画像


 「バーベナ・ラナイ」、キャンディケーンです。上の2つと同じです。
画像


 「カレンジュラ」、’冬知らず’です。大変花期の長い丈夫な花で野生化しました。
画像


 「ショカツサイ」、野生化して庭と言わず菜園と言わず大量に生えてきます。
画像


 「ショカツサイ」、ムラサキハナナともいうので紫が普通ですが白花もあります。白花の種を播いてみましたがほとんどは紫で白は僅かに2本だけでした。
画像


 「キンセンカ」、これも昨年種をまいたものです。
画像


画像


 「モチツツジ」、品種名は’手牡丹’です。花を触ると粘ります。
画像


 「オドリコソウ」、外来種のヒメオドリコソウがはびこっていますがこちらが本来のオドリコソウです。踊り子が並んで踊っているように見えます。
画像


 「キンギョソウ」、こちらも孫が昨年寄せ植えに使用したものを越冬させました。
画像


 キンギョソウは多年草ですから冬を越すと花を付けます。
画像


 「ヤマブキ」、山で見るヤマブキはこのように一重です。
画像


 今日は少し遠出をするつもりですのでコメントは遅くなります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
急な気温上昇で午前中は草花もぐったりしていました。
午後三時頃から立ち上がって来ましたが強風にあおられて
苦しそう。
この気温で一気に咲き出しています。
元々花の多いriverさんの庭には草花が溢れている事でしょう。
信徳
2017/04/19 05:26
信徳さん、昨日高崎市の上里見では30.6℃まで上がり真夏日を記録して全国で一番暑くなりましたね。折角咲いたチューリップが午後の風にあおられてしまいました。今日から元に戻りそうです。
楽老
2017/04/19 05:34
チューりっぴには青がないので、ムスカリは良いアクセントになりますね。
バーベナのツインスター、中央の花色が濃いのが面白い。キャンディケーンの赤白縞模様、初めて見たかも。
長さん
2017/04/19 09:15
こんばんは
気温28度ですか!それは…こちらは10℃ちょっとしかないくらいの寒い日です。全然違うんですね〜!!
道理でうちでは夏に咲くような花が元気いっぱいに咲いています。
日本のオドリコソウやモチツツジ、初めて見ました(*^-^*)
gumi
2017/04/19 19:17
長さん、チューリップに青がないと言われますが原種系のアルバコエルレア オクラータは青いですよ。2011年ごろ栽培したことがありますが今は絶えてしまいました。
バーベナは昨年購入したものですが今年も園芸店で販売されているのを見ました。孫が選んだものですがちょっと面白い花でしょう。
楽老
2017/04/19 20:41
gumiさん、こんばんは
今日は福島県の二本松市と会津市を廻ってきました。11〜12℃でやはり寒かったです。サクラも今年は大分遅れたようです。高崎市では昨日30.6℃で全国で一番暑かったです。群馬は冬寒く夏暑いのが特徴ですが春も暑いです。
オドリコソウは茶花として用いられます。モチツツジは花が鳥もちのように粘ることから付けられた名前です。江戸時代から園芸種が作られていますのでどこかで出会っていると思いますよ。
楽老
2017/04/19 20:56
せっかく咲いたチューリップなど、急激な気温上昇で花が長持ちしませんね…
ヨーロッパなどは気温が低いまま咲くので、チューリップも水仙も花期が長いようですが、関東地方など暖かい地方では春の花も長く楽しめないのが残念です。

そして、ショカツサイ。
白花の種子を撒いてもすべて白花が咲かないんですね。
もし園芸種にするとして、全て白花を咲かせる種を採るためには、戻し交配などして固定する必要があるということでしょうか。。。
佐久良 爽
2017/04/20 14:43
佐久良爽さん、チューリップは多品種あるので長い期間楽しめるのですがとにかくこの時期は強風が吹くことが多いのが困ります。時に茎が折れるほど強く吹くのです。
白花のショカツサイはほかの花粉が混じらないように隔離して育てたので当然白が咲くと思っていました。ところがたくさん播いた内で白花は僅かに2株だけでした。これは意外でした。昨年白花が咲いた場所に行ってみましたが種が出来たのは確認したのですが今年は全く白花がありません。私にとって謎が1つできました。どうすれば固定できるか現在のところ分かりません、
楽老
2017/04/20 18:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017・4月の花その4 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる