楽老

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史の町小幡散策その1

<<   作成日時 : 2017/04/12 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 6

 小幡を歩くのは8回目でこれまでも何回も紹介してきました。それほど大きな町ではありませんので散策するのにはちょうど良いです。今回は主に前半の紹介です。

 「雄川大堰沿いの桜」、満開の桜が見事でした。
画像


 「道路脇の井戸」、つるべ井戸です。
画像


 「洗い場」、以前ここには芋車がありました。ここは大堰でメイン水路ですが小堰が町中に張り巡らされています。
画像


 「道祖神の井戸」、井戸の前に双体道祖神があります。
画像


 「昭和レトロ」、たばこ売り場
画像


 「昭和レトロ」、こんな看板も
画像


 「小幡八幡宮」、3代信昌の時代の創建、素朴な味わいのある神社です。
画像


 「拝殿」、急な石段の上にあります。
画像


 「拝殿と本殿」、本殿は覆堂の中にあります。
画像


 「天満宮」、
画像


 「神楽殿」、例大祭には神楽が奉納されます。
画像


 「カタクリ」、神社の裏の八幡山公園のカタクリです。
画像


 「八幡山山頂からの展望」、妙義山と浅間山です。
画像


 「荒船山」、左に突き出た所が経塚山です。右の切り立った崖が艫岩です。
画像


 「榛名山」、毎年何回も登っている山です。
画像


 「山頂の広場」、八幡山の山頂は意外に広く誰もいません。
画像


 「桜並木」、山頂から南側に下りる途中です。
画像


 「弁財天」、八幡山公園を1周して降りてきました。
画像


 「大手門礎石」、ここに大手門がありました。
画像


 「高橋家のムクロジ」、武家屋敷の中で最も昔の様子を残しています。ムクロジは町指定の天然記念物です。
画像


 「歴史民俗資料館」、旧甘楽社小幡組倉庫です。月曜日は休館です。
画像


 「織田七代、松平4代の幟」、後の塀は旧第二中学校です。立派な建物の中学校ですが昨年閉校しました。
画像


 「旧第二中学校校庭の桜」、生徒の元気な姿を見守り続けた桜です。この学校の生徒さんは大変礼儀正しく観光客の私にも挨拶をしてくれました。
画像


 明日は大名庭園の「楽山園」と改装なった武家屋敷の「松浦家」の予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
雄川の横の道を走りながら小幡郷GC,21センチュリー富岡GC、群馬に来てから通っています。この時期ですと桜を見ながらユックリと走ります。先日はこの小幡郷に入る前に町役場の所に駐車して梅を撮りました。
小幡郷は歴史ある町で8日の武者行列を撮りたかったのですが桜が咲いていなかったので止めました。
信徳
2017/04/12 06:21
信徳さん、おはようございます!
ゴルフ場に通う道の途中にあるので何度も見ている街並みでしょうね。歴史好きの私としては何とも魅力のある街で8回目の訪問です。昨年は武者行列を撮りましたが今年は桜のもとの行列ではなかったので今年は出かけませんでした。
楽老
2017/04/12 06:47
お早うございます
昭和のムード漂ってますね
桜も丁度見頃ですね
すーちん
2017/04/12 08:14
すーちんさん、おはようございます
ここは養蚕で栄えた町です。2階で養蚕をした部屋がある家がたくさんあります。今は商売はしていませんが旅館や古い商店のあとが残っています。
桜の見ごろを狙って歩いてみました。
楽老
2017/04/12 08:32
前回、小幡織田家の名が出ていましたが、大手門礎石が残っていると言うことは、城もあったのですね。
長さん
2017/04/12 17:57
長さん、小幡は織田の時代は2万石で本当の城ではなく陣屋造りでした、小幡城と呼ぶようになったのは織田家の後に治めた松平家の時代です。松平家4代目の松平忠恵が20年間若年寄を勤め城主格に進んだので小幡城と呼ぶようになりました。
楽老
2017/04/12 18:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史の町小幡散策その1 楽老/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる